俳優チソン、ドラマ「被告人」に濡れ衣を着せられた検事役で出演決定「公式的立場」

201611181201776356_582e6f2d04d94

俳優チソンが、SBSの新月火ドラマ「被告人」の主演に決定した。
SBSの新月火ドラマ「被告人」は、死刑囚になった検事が濡れ衣を脱ぐために必死に闘うという作品だ。チソンは、検察庁内でもエースといわれた検査パク・ジョンウを演じる。
彼は凶悪事件の担当で、犯罪は絶対に許さず厳重処罰という信念をもった使命感に溢れた検事だ。しかし、家に帰れば娘をかわいがる親バカの父親であり妻を非常に愛する夫に変身する。


こんなチソンが、妻と娘を殺したという濡れ衣を着せられたまま記憶喪失にかかって人生最大の危機を迎えるようになる。そして、妻と娘を殺した真犯人を探して濡れ衣を晴らすために途切れた記憶を継ぎ合わせながら孤軍奮闘する監獄での生活を公開する予定だ。
チソンが「被告人」で演じるキャラクターは、検事から犯罪者へと様々な感情や事情を抱えた人物だ。抑えた演技力と表現力でキャラクターとひとつになってきたチソンが、検事パク・ジョンウと犯罪者パク・ジョンウをどのように表現するのかに関心が集められている。

2016.11.18

blank