チュ・サンウク「Joo SangUk Christmas Live & Talk 2012」を開催!歌とダンスも披露しファンを魅了!!

 

 

「いばらの鳥」「パラダイス牧場」「ジャイアント」など、主演作が次々と日本で地上波放送され知名度を確実に高め、韓国でも「TEN」「神々の晩餐」の主演俳優として注目度急上昇中のチュ・サンウクが、20日の大阪公演に続き12月21日(金)東京ドームシティホールにてファンミーティング「Joo SangUk Christmas Live & Talk 2012」を開催した。

 

ジーンズにジャケットで、大人の雰囲気を漂わせながら登場したチュ・サンウクは「こんにちは?こんばんは?サンウクです。(日本語)クリスマスの前にこの公演に来てくださってありがとうございます。楽しく面白い時間にしていきたいと思います。」と挨拶し、“かっこいい”と言われるのが大好きだというチュ・サンウクのリクエストに応え、会場のファンが一斉に「かこいい!」と声援を送った。

近況については「ドラマ「神々の晩餐」から映画「朝鮮美女三銃士」の撮影も終わりました。そしてバラエティ番組「男の資格」に7月から合流し、12月27日から新作映画「報復者」の撮影に入ります。「報復者」が2月中旬に終わり、ドラマ「テン」のシーズン2の撮影が2月から6月くらいまであって、それが終わったらまた新しいミニシリーズに入ります。僕はこんな人です(笑)。」と話すと、いつ休むのですか?と聞かれ「休みと言っても何カ月も休むというのではなく、撮影のない日はオフで、撮影のある日は仕事と割り切っています。」と話した。

NHKの「ハングル講座」に出演の話題になると、「これに関しては皆さんにお詫びします。僕は日本のファンの皆さんのために短いながらもOKをして参加しましたが、あまりにも短いので、いつか日本のバラエティやドラマに出たいと思っています。皆さんの力を貸してください。」と日本の番組出演への意欲を語った。

 

KNTVで放送開始した「神々の晩餐」のダイジェスト映像が流れた後、このドラマの話題になると、平凡な公務員の役で、もともと幼い頃に知り合った女性と運命的な出会いを果たし、恋に落ちるという役どころだと話し、チュ・サンウクの母が役柄の公務員については喜んでいなくて、息子が史劇でいつの日か王様の役を演じるのを待ちわびていると話すと会場からも拍手が。
このドラマでサンウク演じるジェハが「甘口男」だということをMCより言われると、自分自身のことだと勘違いする場面も。そして自分自身とジェハが似たところも多いので、とても演じやすかったと明かした。

続いて、チュ・サンウクが客席に下りて、サンウク本人がファンを選んで質問に答えるチュ・サンウク一問一答コーナー。
会場を移動しながら5人のファンを選んで質問を受けた。中にはステージから目を引いたという綺麗なファンには何度も声をかけ、会場のファンからブーイングを受ける場面も。会場はすっかりサンウクのペースに巻き込まれ、爆笑で溢れた。
「クリスマスの夜あなたの願いを叶えましょう」と題したコーナーでは、選ばれたファンがボードの風船を割って、そこに書かれている願いをかなえてもらえるというもの。4人のファンが選ばれ、9つの風船の中から一つを選んでリクエストに応えてもらい、ファンにとっては最高のプレゼントとなった。

二部はチュ・サンウクバンドを引き連れて優れた歌と踊りの実力を

披露し、会場が一体となり盛り上がりを見せた。日本でも注目を集めている新人歌手兼俳優U1(ユイル)が登場すると、会場から「かわいい!」との声。大騒ぎするファンに少々やきもちを焼きながらも、U1(ユイル)を紹介し、パワフルなステージを繰り広げ、ファンミーティングに華を添えた。

 

そしていよいよチュ・サンウクより歌を披露。僕は歌手ではないのであまり歌はうまくありませんが、いつも愛してくれるファンへの感謝の想いを歌に込めて贈りますとメッセージコメントが流れ、1stシングル『ありがとう』を甘い声で歌い上げ、会場のファンを魅了した。

 


MCより今回一緒に演奏してくれているバンドのメンバーの紹介をお願いしますと言われると、今日は昨日よりさらに簡単にしますと言い、名前は覚えなくていいので“ドラマ”と覚えてくれればと、サンウクらしいメンバー紹介をして会場の笑いを誘った。

フィナーレは全員が登場し、「クリスマスキャロル」を合唱し、最高に盛り上がった。
全12曲を披露した後、全員でサンウクの好きなかけ声「かっこいい!」を自らが指揮をとって会場全員で唱和し、ファンからの拍手と声援でイベントは終了した。

そして、会場のファンに向けて「今日は、僕たちが準備してきたものを全てお見せしました。もうすぐクリスマスですが、こうして来てくださって本当にありがとうございました。残りの2012年を皆さんうまく締めくくって、2013年の新年に向けて新しい計画を立ててください。2013年が本当に幸せな1年になりますように。今日は来てくださって本当にありがとうございました。最後に、みんなでご挨拶します。次にまた皆さんとお目にかかれるその時を約束して、その時またさらにいいステージをお見せしたいと思います。ありがとうございました。」とメッセージを述べた。

出演者全員がステージで手を繋ぎ、「ありがとうございます。メリークリスマス!」のかけ声で幕を閉じた。

 

最後にメッセージ映像が流れ、“今年は日本の皆さんと会う機会が多く、僕にとっても特別な年になりました。皆さんの笑顔や声が僕の力になります。僕は皆さんが笑顔で元気に過ごせるように、韓国で頑張ります。”とファンへ感謝の気持ちを表し、2012年を締めくくった。

絶妙なトークでファンを笑わせ、常にサービス精神旺盛なチュ・サンウク。
色々なキャラクターを演じ、映画、ドラマと活躍するチュ・サンウクの今後の更なる活躍に注目したい。更に1stシングル『ありがとう』を発売し日本で歌手デビューすることも決定、俳優のみならず、歌手としても日本での活躍が大

2012.12.26

blank