B.A.Pヒムチャン、"リーダーのバン・ヨングクの不在で、プレッシャーを感じる"

비에이피 힘찬, '열정의 땀 주르륵 주르륵~'

人気アイドルグループB.A.Pが、バン・ヨングクの不在について語った。
B.A.Pヒムチャンは、7日午後2時からソウル竜山(ヨンサン)区にあるブルースクエア・サムスンカードホールで行なわれた2ndフルアルバム「NOIR」の発売記念ショーケースで、パニック障害で活動を中断したバン・ヨングクの代理で臨時リーダーを担当したと明らかにした。


彼は、「今回のアルバムを準備している途中で、ヨングクが持病で活動を中断しました。それでとてもプレッシャーを感じています。ヨングクの肩の荷を少し分担したわけですが、思った以上にたいへんです」と告白した。
そして、「ステージで活動する時もいろいろ考えるようになったし、チーム活動をしながら弟たちとの関係にも気を遣います。ヨングクが本当にすごいと感じています。すぐ良くなって帰って来る予定なので、その時まで最善をつくして熱心にがんばります」と覚悟を固めた。

タイトル曲「SKYDIVE」は、ハードエレクトロ、オルタナティヴ、トラップなど様々なジャンルのサウドを通じてB.A.Pの個性を最大限に生かした曲だ。
B.A.Pは、これまで独自のコンセプトで独特なカラーを作ってきた。今回のアルバムは、B.A.Pのアイデンティティーを再度刻みつけることになる。高い水準のパフォーマンスと音楽、成熟したビジュアルで成長した姿を公開する。

2016.11.07

blank