韓国動員800万人の大ヒット!早くも日本でも広がる感動!! この夏、あなたも“涙活”しませんか? 『ヒマラヤ~地上8,000メートルの絆~』

sub1韓国動員800万人の大ヒット!早くも日本でも広がる感動!!
この夏、あなたも“涙活”しませんか?
『ヒマラヤ~地上8,000メートルの絆~』

 

山岳史上最も壮絶な挑戦を行った伝説の登山家オム・ホンギルと仲間たちの軌跡を描いた『ヒマラヤ~地上8,000メートルの絆~』がいよいよ7月30日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、シネマート新宿ほか全国にて公開されます。

アジア初ヒマラヤ8,000メートル級高峰14座の登頂に成功した、実在の登山家オム・ホンギル率いる“ヒューマン遠征隊”はエベレストで死んだ仲間の亡骸を探すため、記録には残らない過酷な遠征を行った。それは、誰一人として試みなかった、名誉も栄光もない挑戦。山の上では一つになり、山の下では家族であった仲間たちが命をかけたのは、繋ぎ続けたかった友との“絆”だった。彼らの死線を越えた友情が与えてくれる本物の感動。命を賭した熱き77日間の真実がいま語られる-

実在の登山家オム・ホンギルを演じたのは韓国で『国際市場で逢いましょう』『ベテラン』と立て続けに動員1000万人を超える大ヒット作品に主演し、絶大なる人気と演技力を誇るファン・ジョンミン。最愛の後輩ムテクには、「応答せよ1994」で多くの女性の心を虜にしたチョンウ。豪華キャストが演じるコンビの“熱い絆”は観客の心を震わせ、韓国では同時期に公開された『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を抑え初週1位の動員を記録、最終800万人の大ヒットとして、涙が枯れるまで感動を誘う超大作に仕上がった。

山での息苦しさや寒さの臨場感、ヒマラヤの壮大な景色が観る者を圧倒させ、山映画としての醍醐味を十分に味わえるが、何よりの魅力は、名誉や名声のためではなくただ仲間の遺体回収を目的とした山岳史上最も過酷な登攀に挑んだ“ヒューマン遠征隊”の勇気ある行動に胸を熱くさせられるドラマの部分にこそある。それを裏づけるようにマスコミ試写会では“感動した”“涙が止まらなかった”との声が続出した。最近では意識的に泣くことでストレス解消を図る“涙活”という活動が流行っており“泣く”といった行為に注目が集まっている。人間の体は、ストレスを感じると酸素の悪循環に陥るが、涙を流すと、思いのほかスッキリしてストレス解消になり、SNSやネット上では「1分間で泣ける動画」などがまとめられるほど、社会に揉まれストレス社会に悩んでいる人は涙を流したがっているのだ。そんな涙活に泣ける本作はまさにうってつけの作品と言える。ぜひ本作を観て一度涙活に挑戦してみるのもいいかもしれない。

sub4

<あらすじ>
登山家オム・ホンギル(ファン・ジョンミン)は引退後、ヒマラヤ4座を共に登頂した最愛の後輩ムテク(チョンウ)が悪天候のため、下山中に遭難死したことを知る。そこは人間が存在できない“デスゾーン”エベレスト地上8,750メートルの地。誰もが遺体回収を諦める中、ホンギルは数々の偉業を成し遂げたかつての仲間たちを集め“ヒューマン遠征隊”を結成。エベレスト山頂付近の氷壁に眠る仲間のため、山岳史上最も危険で困難な登攀に挑む。“必ず迎えに行く”友との最後の約束を果たすために-

 

監督:イ・ソクフン『パイレーツ』
出演:ファン・ジョンミン『国際市場で逢いましょう』、チョンウ「応答せよ1994」、チョ・ソンハ『サスペクト 哀しき容疑者』、キム・イングォン『王になった男』、チョン・ユミ『トガニ 幼き瞳の告発』

2015年/韓国映画/124分/シネスコ/カラー/5.1chデジタル/日本語字幕:小寺由香/原題:히말라야 /配給:CJ Entertainment Japan /宣伝協力:木村和也/協力:大韓航空/後援:全国山の日協議会
(c)2015 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.
公式HP:himalayas-movie.jp

 

7/30(土)、ヒューマントラストシネマ有楽町、シネマート新宿ほか全国順次ロードショー

2016.07.28

blank