ファン熱狂!「SS501 LIVE in JAPAN 2007」

アイドルグループ SS501(ダブルエスゴーオンイル)の日本進出が成功的な歩みを続けている。昨年9月、大阪で開かれた単独コンサートでは全席売切れという興行を納め人気奮闘中のSS501が、1月13日と14日東京国際フォーラムでコンサートを行った。前回の大阪公演に比べ、歌・ダンス共に一段とパワーアップし、トークにも余裕が感じられるほど彼らの早い成長ぶりには驚かされた。とにかく可愛くて面白くて格好いいSS501のコンサートを覗いてみよう。



照明が暗くなりスクリーンに彼らの姿が映し出されると、会場からは“奇声”があがる! 「携帯の電源は切りましょう~喫煙はご遠慮下さい~過度な愛情表現はやめましょう~(笑)」と SS501 らしいお茶目で可愛い開演前の注意事項が流された。 そして幕があがり、宇宙船のようなカプセルの中からロボットのような動きをした5人が登場。オープニング曲「 snow prince 」、「弱虫」、「 four chance 」と激しいダンスが続き、そして5人から日本語での挨拶。

 

「SS501 リーダーのキム・ヒョンジュンです。」 「SS501 プリンス!ホ・セヨンです。」 「SS501 中心!キム・キジョンです。」 「SS501 セクシーカリスマ!パク・ジョンミンです。」 「SS501 末っ子のキム・ヒョンジュンです。」 と皆自画自賛(笑)お約束の挨拶らしいです。

 

そしてソロダンスタイム … リーダーキム・ヒョンジュンは黒の衣装でセクシーに決め「Never Again」、ホ・セヨンは白の衣装で子供達と「HEAL THE WORLD」、キム・ヒョンジュンはR&Bアッシャーの「Nice&Slow」、パク・ジョンミンはキュートなダンスで日本のヒット曲「Find the way」「Cutie Honey」、キム・キジョンはマジックを披露して A.Ⅰのバラード「Story」をそれぞれの個性を生かし熱唱した。

 

そして彼らが衣装チェンジで舞台裏に下がると、事前に収録した映像が流された。これがまたおもしろい。“もしこんな夫だったら?”と5パターンのパロディーをコント風に披露したり、CMで話題になった「たらこ~」を女装して踊ってみたり、特に冬のソナタのヨン様&チェジウをマンネとヨンセンがリアルに真似した姿には、会場中大爆笑。終始ファン達をあきさせることなくコンサートは続いた。

 

後半、会場のファン達にサプライズが用意された。客席シート下に事前に指輪が置かれ、運よく当たった幸運なファンの一人にプレゼント。そしてステージで5人に祝福されながら、リーダーキム・ジュンとの韓国式結婚式。肩を組まれ手を握り…愛の誓いの言葉を読み上げられると会場のファン達は大騒ぎ。そして時間があっという間に過ぎていき・・・
 
ラスト曲『 unlock 』、そしてアンコール曲「世界の羽」を含め全21曲を披露し幕を閉じた。 彼らの歌・踊り・演技?コント?もできるエンターテイナーぶりに、何よりもファンを楽しませるという意味では拍手!!こんなに“笑った”コンサートは久しぶりだった。
 
SS501 は今年上半期内に、これまで発表した曲を含めたアルバムを日本で制作販売する予定。このため日本レコード会社と調整中であることが知らされている。また日本だけでなく今後、台湾、中国などにも進出する計画だ。以前と比べ確実にひとりひとりが成長している SS501 、彼らの更なる飛躍を期待しよう!

 

(記事 Nakayama 写真 CJ Media )

2007.01.13

blank