イ・ドンゴン“オフィシャルファンクラブ創立”来日会見!

12月17日午後、新宿京王プラザホテルにてイ・ドンゴン来日記者会見が行なわれた。
 
1997年高校在学中に歌手としてデビューその後俳優に転身、端整な顔立ちと優しい眼差しでアジア圏で高い人気を得ている若手男優、「ガラスの華」「パリの恋人」など出演作が日本でも放送され一途に1人の女性を愛する青年を好演し“ドラマ界の貴公子”と称されている。俳優生活の中で初めて長期の充電期間を過ごしたイ・ドンゴンはあごのラインがよりシャープになり、ソフトなイメージの中に男性の色気を感じさせた。
 
日本公式ファンクラブの設立について聞かれると「素直に嬉しいです、仕事をする上でのパワーになります。俳優として一生懸命演じる姿を作品の中でみせることで期待に応えたいと思っています」「ファンミーティングも機会があればしてみたいと思いますが、その時は私自身がファンの方に喜んで頂ける物を用意したいので、それまで待っていて欲しいと思います」と真摯な態度で語った。
 
休暇中どのように過ごしていたかという質問には「旅行をしました、タイで泳いだり日焼けをしたり、実は友人と東京、大阪に遊びに来たんです。東京ではゲームセンターやバッティングセンターに出かけ楽しい時間を過ごしました。旅の中で自分を解放することで、客観的に物事を見れたりする経験をしました。」
 
今後の活動については「映画作品で皆様に会える予定です。今は準備段階で来年の1月から撮影に入ります。良い作品に作って、長く愛される俳優になりたいと思います。」と静かな口調でありながら復帰作にかける意気込みを力強く感じるコメントを述べた。
 
会見後、新宿厚生年金会館にて1800名ものファンが参加した創立式が開催された。会場に温かい拍手で迎え入れられたイ・ドンゴンは「これからもがんばりますので、よろしくおねがいします。」と日本語で感謝の気持ちを伝えた。またスカパー系チャンネルで来年1月から放送予定、DVD発売のキム・ヒソン共演「スマイルアゲイン」で使用したネックレスなどの私物をプレゼント、このドラマで「香水のブレンダー役を演じています、韓国ドラマには初めて登場する職業です。ヒロインのキム・ヒソンさんはソフトボールの選手役スイスロケも行いました、美しい景色と人を想う気持ちを描いたラブストーリーです。先輩俳優キム・ヒソンさんに演技の上で助言をもらったり、彼女にリードをしてもらい演じた場面もあります。是非観て欲しいと思います。」とメッセージを伝えた。
 
プライベートでは日本に10回、ファンミーティングも過去に数回行っているイ・ドンゴンではあるが、今回のオフィシャルファンクラブ設立式への来日は特別な気持ちを抱いてのものになったようだ。
 
http://donggun.toy-be.jp/(公式モバイルサイト)
http://leedonggun-fc.jp(ファンクラブ)

2006.12.17

blank