「1対100」サイド、“イ・ホンギ(FTISLAND)出演分量を最小化して放送”

201508241409775177_55daa7f211825

俳優チェ・ミンスのPD暴行事件の余波で、FTISLANDイ・ホンギの「1対100」の放送分量も編集されるようだ。
KBS 2TVのクイズショー「1対100」のある関係者は24日、「イ・ホンギが、最近進行された収録の100人として出演した。本番では、チェ・ミンスの登場分を編集して、イ・ホンギの部分も最小化されるようだ。検討中だ」と明らかにした。
そして「9月中の放送になる予定だが、まだはっきりと決定していない」と付け加えた。チェ・ミンスは、当時の収録にイ・ホンギのマネージャーの役割で登場し、クイズショーには直接出演しなかったという。

チェ・ミンスは、14日に放送された 「自分を振り返ってみて」で「1対100」の出演スケジュールを交渉する様子で注目を集めた。当時チェ・ミンスは、KBSの芸能局を訪ねてTV本部長と対面してイ・ホンギの出演を頼んだ。
しかしチェ・ミンスは、19日の「自分を振り返ってみて」の収録現場で製作PDに暴行を加えて論議の中心に立った。チェ・ミンスは、製作PDを先に訪ねて謝罪したと伝わったが、「自分を振り返ってみて」サイドは、悪くなった世論によって 21日の放送を取りやめた。

2015.08.24

blank