イ・ビョンホン、来月5日予定の映画「侠女」マスコミ試写会には参加せず… 「米国での映画撮影のため」

イ・ビョンホン、来月5日予定の映画「侠女」マスコミ試写会には参加せず… 「米国での映画撮影のため」

韓国俳優イ・ビョンホンが、「侠女: 刀の記憶」のマスコミ試写会に参加しないことがわかった。

28日、映画「侠女」の投資配給会社ロッテエンターテインメントは、来月5日に開かれるマスコミ試写会の日程を考慮し、チョン・ドヨン、キム・ゴウン、イ・ギョンヨン、ペ・スビン、キム・ヨンミン、パク・フンシク監督が出席すると明かした。主人公を務めたイ・ビョンホンの不参加については「米国でおこなわれている映画撮影により、参加することができない」と説明した。

一方、イ・ビョンホンは去る24日におこなわれた「侠女」制作報告会に出席し、”脅迫事件”で世間を騒がせたことについて「一緒に映画制作に携わった多くのスタッフ、関係者の方々へ申し訳なく、謝罪を伝えることが私の責任である。どのような非難も受け入れる」と謝罪。「失望させてしまい、謝罪と時間で埋めることはできないと思っている。常に申し訳ないという気持ちを忘れず、多くの方々に与えた心の傷と失望に、(より良い姿で)応えられるよう努力する」と述べた。

一方、映画「侠女」は来る8月13日、韓国にて公開。

WOW!korea提供

2015.07.28

blank