チュ・ジフン主演映画「ジェントルマン」、日本・香港など42カ国に販売… 海外でも熱い関心

高品格犯罪娯楽映画「ジェントルマン」が全世界42カ国に販売され、海外でも熱い関心を立証した。

「ジェントルマン」は成功率100%の興信所の社長チ・ヒョンスが、行方不明になった依頼人を探すために、検事のふりをして不法、合法を問わずに悪人を追う犯罪娯楽映画で、独歩的な個性を持ったキャラクターたちとぴりっとした快感を与えるストーリーで観客の好評を得ている。

今年の冬の劇場で唯一の犯罪娯楽ジャンルとして注目され観客に爽快な快感をプレゼントしている「ジェントルマン」が、全世界から関心を受け42カ国に販売される快挙を成し遂げた。日本、台湾、香港、ベトナムなど主要アジア諸国をはじめ、ロシア、ポーランドなどヨーロッパ圏まで計42カ国の観客と出会う。これと共に現地基準で1月6日に台湾、1月27日にベトナム、2月9日にモンゴルなど順次開封を確定し、今後海外の劇場で「ジェントルマン」に会える見通しだ。

世界から熱い関心を得た理由として、独特の個性とジャンル的な面白さが一役買った。実際、「ジェントルマン」の海外セールスを担当しているコンテンツ「PANDA」は、「今年、Khan Marketで発売後、着実に全世界のバイヤーの関心を集めてきた作品であり、複数の国際フィルムマーケットで多数のアジア諸国をはじめ、西欧圏の配給会社と販売契約まで実現するという驚くべき歩みを見せた」と伝えた。

このように「ジェントルマン」は、拉致事件の濡れ衣を着せられた興信所社長が検事に偽装するという独特の設定をはじめ、チュ・ジフン、パク・ソンウン、チェ・ソンウンの熱演で完成させた多彩な魅力のキャラクターたちが劇を豊かにした。また息つく暇もなく繰り広げられるスピード感のある展開と悪人を懲らしめるカタルシスで、国内はもちろん、全世界の映画ファンの心をひきつける犯罪娯楽映画として注目を集める。

海外公開の確定と全世界42カ国の販売ニュースを伝え注目されている映画「ジェントルマン」は、韓国の全国劇場で絶賛上映中だ。

2023.01.05

blank