チュ・ジフン×パク・ソンウン主演映画「ジェントルマン」、年末の劇場でダークホースとなるか

「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」「英雄」など年末の期待作が公開を控える中、「ジェントルマン」がダークホースとして活躍できるだろうか。

今年の冬、唯一の犯罪娯楽映画「ジェントルマン」をはじめSFアクション、ミュージカル映画など多様なジャンルの期待作が年末の映画館を豊かに満たし期待感を高めている。「ジェントルマン」は、成功率100%の興信所の社長チ・ヒョンスが、行方不明になった依頼人を探すために検事になりすまし、不法、合法も関係なく悪い奴らを追う犯罪娯楽映画だ。

拉致事件の濡れ衣を晴らすために検事のふりをすることになった興信所の社長チ・ヒョンス役を演じたチュ・ジフンは、これまで多様な作品で披露してきた卓越したキャラクター消化力を土台に千万俳優としての底力を見せる予定だ。また、確かな演技の実力を備えたベテラン俳優のパク・ソンウン、怪物新人のチェ・ソンウンまで加わり、幻想的なケミストリーを予告し、作品に対する期待を集めている。


特に「ジェントルマン」は12月の期待作の中で唯一の犯罪娯楽映画で、独特なキャラクター設定と痛快さ溢れるストーリーを予告し、多くの観客に愛された犯罪娯楽ジャンルの興行系譜を引き継ぐ作品として注目されている。 キム・ギョンウォン監督は「今回の作品は観客がフレッシュな気持ちで劇場を後にしてほしいと考えた。何より楽しくて面白い映画を作るために努力した」と話した。 またチュ・ジフンは「シナリオがとても面白かった。シナリオを読むだけで監督が考える雰囲気やムードを正確に理解できた。非常に新鮮な経験だ」とし、作品に対する自負心を表わした。

「ジェントルマン」はチュ・ジフンとパク・ソンウン、チェ・ソンウンなど“信じて見る俳優たち”の活躍はもちろん、興味深いストーリーと「地獄が呼んでいる」「スペース・スウィーパーズ」「閑山:龍の出現」「ただ悪より救いたまえ」「ザ・コール」など多数の作品で活躍した最精鋭の製作陣が集まって映画の完成度を倍増させた。このようななか「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」「英雄」との正面対決で観客の選択を受けることができるか期待が集まる。

一方、「ジェントルマン」は12月28日に韓国で公開予定だ。

2022.12.09

blank