SMエンタ創業者イ・スマン氏、サウジ王女と会い「木を植えるK-POPフェスティバル」など持続可能性を議論

(2ページに続く)

続けて、ディルイーヤ遺跡新都市プロジェクトに関して「ユネスコ登載遺跡であるディルイーヤの歴史博物館についてバーチャルと現実をミラーリングし、構築する『ディルイーヤメタバース(ミュージアム)プロジェクト』を提案している。現実の都市ディルイーヤをミラーリングしてバーチャルメタバースに先にシミュレーションで作って、これを再びミラーリングして現実世界であるフィジカルメタバースに具現することだ。こうすればディルイーヤは世界で初めてバーチャルとフィジカルメタバースで創造された博物館を保有した都市になるだろう」と説明した。

特にサウジ王女はイ・スマン総括プロデューサーが提示した「木を植えて地球を生かす」ミュージックフェスティバルとキャンペーンに積極的に参加意思を表明し、「サウジにK-POPコンサートを見るために訪問した全世界の若者と観光客が宿舎を予約した場合、予約者名で木1本を植えるならば参加がさらに増え効果的だろう」と共感し、早いうちにこれと関連した具体的な議論をしようと述べ、「サウジ観光産業に対するイ・スマンプロデューサーの優れたビジョンと具体的な推進戦略にインスピレーションを受けて必ず一緒に仕事をしたかった。イ・スマンプロデューサー、SMと長期的に持続可能な発展を共に繰り広げていきたい」と語った。

イ・ソンスSM代表も「SMが保有するIPとコンテンツ制作及び事業力量を基盤に、サウジ観光庁と意味のある結果を作ることができると思う。サウジの観光産業を発展させるだけでなく、SMのコンテンツもさらに広く知らせる契機になるだろう」と伝えた。

一方、イ・スマン総括プロデューサーとサウジ王女の出会いは今回が3回目で、これまで双方はサウジ現地制作会社と協業を通じた映像コンテンツやフェスティバルイベント制作など共に進行する文化産業プロジェクトに対して意見を交わし、意見を集めて協力することにした。

WOW!Korea提供

2022.12.05

blank