SMエンタ創業者イ・スマン氏、サウジ王女と会い「木を植えるK-POPフェスティバル」など持続可能性を議論


イ・スマン総括プロデューサーとSMエンタテインメント(以下、SM)が文化技術(Culture Technology)でサウジ観光産業の活性化を導き、韓国文化の影響力を中東まで拡大する。

11月29日(現地時間)、サウジアラビア・リディヤに位置するKing Abdulaziz Conference Centerで行われた業務協約締結式には、イ・スマン総括プロデューサーとイ・ソンスSM代表、ハン・ギョンジンSM SEA&MENA支社長、Haifabint Mohammed Al-Saudサウジアラビア王女で観光部次官、Fahd Hamidaddinサウジ観光庁CEOなどが参加した。

今回の業務協約はイ・スマン総括プロデューサーの文化技術(Culture Technology)と呼ばれる独自のプロデュースノウハウ及びSMのコンテンツIPとサウジの文化遺産を融合させ、サウジ観光を全世界的に広報できる多様なコンテンツ制作及びマーケティングに関する戦略的パートナーシップを結ぶことを目標にしている。

これに対し、イ・スマン総括プロデューサーとSM、サウジ観光庁は▲SM所属アーティストのサウジ観光広報大使委嘱、▲サウジ拠点観光地中心のミュージックビデオや旅行リアリティなどのコンテンツ制作、▲サウジ観光広報のためのプロモーションなどを共に展開していく計画だ。

イ・スマン総括プロデューサーはサウジ王女との歓談で、サウジ観光産業活性化に関するビジョンを言及、「地球のSustainability(持続可能性)のためのNet Zero(炭素排出ゼロ)ロードマップを具体的に実行しなければならない時だ。未来の都市は地球のSustainabilityを実現して砂漠化を防ぐ努力が必要だ」とし「炭素中立と砂漠化を防ぐ方法の中で重要な植樹を通じて、より良い地球を作っていけるようサウジを含め、砂漠のある地域に木を植えるキャンペーンに誰もが楽しく参加できるようにしてみたい。最近、モンゴル政府関係者たちと会いモンゴル内のスマートエンターテインメントシティ造成と関連した議論を終えたが、『木を植えるK-POPフェスティバル』を開催することにした。公演を見に来た観覧客が木も1本植えるキャンペーンを展開すれば砂漠化を防ぎ環境保護に大きく役立つだろう。2023年中東、モンゴルで『木を植えて地球を救う』ミュージックフェスティバルとキャンペーンが同時に行われるようにしよう。サウジがK-POPと共にすれば、全世界のK-POPファンと若者たちが訪れることになるだろう。これが全世界的な“Sustainability Movement”になり、誰もが参加したがるミュージックフェスティバルと共に植樹を実現してみようと思う。砂漠化する場所で、そして砂漠でむしろ地球を青くするプロジェクトを始めれば、全世界の都市のいたるところに拡大するだろう」と伝えた。

2022.12.05

blank