BTS(防弾少年団)RM、文化財庁から感謝牌を受ける…高額寄付で“文化遺産保護”に寄与


グループBTS(防弾少年団)のRMが、文化財庁から感謝盃を受けた。

26日、関係者によるとRMは、先月31日にチェ・ウンチョン文化財庁長の名で感謝牌を受けた。 感謝牌には「貴下は我が国の文化遺産と歴史に対する限りない関心と愛情で国外文化遺産を全て保存して世界を知らせるのに大きく寄与しました」と書かれていたという。

RMは昨年と今年、文化財庁と国外所在文化財財団にそれぞれ1億ウォンずつ計2億ウォンを寄付した。 海外に流出した韓国文化財の保存および復元に使ってほしいという理由からだ。

昨年、RMが寄付した1億ウォンは、アメリカのロサンゼルス・カウンティ美術館(LACMA)が所蔵している“朝鮮弓服”の保存に使われ、今年寄付した1億ウォンは韓国絵画図録制作に使われる。

RMは、2020年にも国立現代美術館文化財団に寄付するなど、毎年自身の誕生日(9月12日)前後に、文化芸術分野に1億ウォンずつ寄付してきた。

2022.11.26

blank