俳優リュ・ジュンヨル、“怠け者の俳優なのに「フクロウ」に欲”…パク・ハソンも認めた「実物美男」(シネタウン)


韓国俳優リュ・ジュンヨルが「パク・ハソンのシネタウン」で近況から映画「フクロウ」出演所感などを明らかにした。

24日午前に放送されたSBSパワーFMラジオ「パク・ハソンのシネタウン」には映画「フクロウ」の主役リュ・ジュンヨルがゲストとして登場した。

「フクロウ」は夜だけ前が見える盲人鍼術師ギョンス(リュ・ジュンヨル)がソヒョン皇太子(キム・ソンチョル)の死を目撃した後、真実を明らかにするために繰り広げる一夜の死闘を描いたスリラー映画だ。 昨日(23日)封切りした中で、10万人を超える観客を動員して全体ボックスオフィス1位になった。

リュ・ジュンヨルはこの作品でインジョ(仁祖)役の俳優ユ・ヘジンと映画「タクシー運転手」(2017)、「鳳梧洞戦闘」(2019)に続き3度目に演技呼吸を合わせた。


この日DJのパク・ハソンは「私たち夫婦はリュ・ジュンヨルのファンだ。 夫のリュ・スヨンと一緒にリュ・ジュンヨルの映画をたくさん見た」とファンの気持ちを告白した。 続けて「前回私が席を外した時、ゲストとして出てくださったが、会えなくてとても残念だった。 スペシャルDJをしてくれた夫にどうだったかと聞いたら、「リュ・ジュンヨルはとてもハンサムだ」と言っていたと愛情を誇示した。

これに対しリュ・ジュンヨルは「光栄だ」と照れくさがった。(2ページに続く)

2022.11.24

blank