「NCT」ドヨン&ジェヒョン&「SF9」フィヨン、演技ドルとしての活躍が期待されているK-POPアイドル

「演技もできるアイドル」を略して「演技ドル」というが、これから「演技ドル」としての活躍が期待されているK-POPアイドルを紹介していこうと思う。

「ドヨン」
韓国ボーイズグループ「NCT」の「ドヨン」は、2021年にウェブドラマ「深夜カフェ」を通じて演技に初挑戦した。ドラマは地図にはないあるカフェで行われる物語を描いた、タイムスリップ・ヒーリングドラマだ。「ドヨン」は主人公ソン・ジウ役を演じた。
そして今年放送されたドラマ「私を愛さないXに」で2回目の演技に挑戦した。自尊心ゼロ、自己愛ゼロの大学生で作詞家志望のソ・ヒスが、誰でも1か月間自分のことを愛するようになる謎の作詞ノートを発見し、男友達のチョン・シホや複数の男性と絡んで展開されるストーリーを描いた作品だ。「ドヨン」は、主人公ソ・ヒスの男友達であるチョン・シホ役を演じ、さらにこれからの俳優活動が期待されている。

「ジェヒョン」
「ドヨン」と同じく、「NCT」のメンバーである「ジェヒョン」は、2022年にウェブドラマ「Dear.M」で演技初挑戦した。「Dear.M」は、ソヨン大学のオンラインコミュニティに投稿された告白文を巡り、その投稿者“M”を探しつつロマンチックな推理を繰り広げる青春ロマンスドラマだ。「ジェヒョン」は主人公ジュアの幼馴染で大学首席のミンホを演じた。初挑戦ながら、堂々とした演技と視聴者をキュンとさせる表情で観る者の心を掴んでいた。初作品が良い反応であっただけに、これからの演技がさらに気になるところだ。

「フィヨン」
韓国ボーイズグループ「SF9」の「フィヨン」は、これまでにウェブドラマ5作、OTTドラマ1作に出演した。主演を飾ったのは3作品で、既に演技ドルとしての素養を見せている。
だが同じグループの「チャニ」と比べると、大衆的な人気作品や大がかりなスケールの作品に出演した経験はこれまでない。もちろん、そういった作品に出ることだけが全てではないが、これまで演技ドルとしての経験を積んできた彼だからこそ、これからはその才能をさらに公に見せてほしい。これからの活躍がさらに期待できる演技ドルである。

WOW!Korea提供

2022.11.15

blank