≪韓国ドラマNOW≫「シュルプ」7話、キム・ヘスの説得でチェ・ウォニョンが覚醒する=視聴率9.4%、あらすじ・ネタバレ


※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

tvNドラマ「シュルプ」7話(視聴率9.4%)では、王(チェ・ウォニョン)が自分の正当性を巡るコンプレックスを振り切って自主的な君主に覚醒する様子が描かれた。

大妃(キム・ヘスク)はファリョン(キム・ヘス)を廃位させるために進めていた罪の問い詰めを王が突然中止させたと聞いて怒った。大妃は王を訪ねていき、「王がそのようにするなら、私がやる。中殿一人を引きずり下ろすのは難しいことではない」と勇断を促した。

これまで積もり積もった母子間のもつれがついに臨界点を超えて爆発した。王は「一度やったら、二度目は難しいはずがないでしょう。中殿廃位は母上にとって大したことではないでしょう。気に入らなければ王も替えるんですか」と言い返した。

激高の雰囲気の中で言い合いが続き、王は「この王座の主人は母上だと言うのか。違う。王は私だ」と警告した。ところが大妃は「その王を作ったのはこの母だ」と反論し、択賢(=世子選び)を受け入れなければ、直接中殿を引きずり下ろすと狂気に迫る様子を見せた。

さらにファリョンが中殿の座をかけて択賢を受け入れたと聞いた王は、権力者によって作られた王は自分ひとりで十分だとして択賢を受け入れないと言った。しかしファリョンは、択賢の意味をよみがえらせてほしいと訴えた。

王は20年前、ファリョンの前で「たとえ臣下がお膳立てした王であれ、臣下ではなく民を恐れる王になりたい」と誓い、君主として初心を思い返した。そして王は他の王子が世子になる可能性もあると心配した。しかしファリョンは真の実力で資格のある王子を世子に選んでほしいと頼み、戸惑う王を諭した。

王はビクビクしていたこれまでの姿とは全く違う姿で王座に座った。そして「択賢をする。ただ選抜方法は私が決める。択賢と言う言葉のとおり、一番賢い者を選ぶものではないか。あなたたちの言う通りに選ぶものではない」と強い発言で君主としての威厳を見せた。

WOW!Korea提供

2022.11.07

blank