SUGA(BTS)日本で、NBAカリーとスーパースター同士の出会い実現…「会えて光栄」(動画あり)


米プロバスケットボール(NBA)のゴールデンステイト・ウォリアーズに所属するスーパースター、ステフィン・カリーがBTS(防弾少年団)のSUGAと日本で会った。
カリーは30日(韓国時間)、自身のSNSアカウントに「SUGAと会って光栄だった」という書き込みと共に一緒に撮った写真を掲載した。
カリーの所属チームは日本を訪問し、30日と10月2日、日本のさいたまスーパーアリーナでワシントン・ウィザーズとプレシーズン試合を行う。SUGAも27日、海外日程のために日本に向けて出国したが、彼らの出会いはSUGAがゴールデンステイトの選手団が訓練をする東京の訓練場を訪ねたことで実現した。

カリーは、公開された映像でSUGAと握手と抱擁を交わしながら「会えて嬉しい。 私たちは皆、あなたのファンだ」と伝えた。 SUGAもやはり「会えて光栄」と笑って応えた。
彼らはサインしたユニフォームとBTSのアルバムをやり取りした。 クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンらもSUGAとあいさつを交わした。
普段からNBAファンだと知られているSUGAは先立って、自身のSNSにゴールデンステイトのユニフォームを持って撮った写真を載せ、これにカリーが「すぐ会おう」と応えた。
一方、カリーは昨シーズン、ゴールデンステートの優勝を牽引し、ファイナルMVPを受賞した。 2015年と2016年には正規リーグMVPを獲得した。




 

この投稿をInstagramで見る

 

Wardell Curry(@stephencurry30)がシェアした投稿

2022.09.30

blank