「取材レポ」SUPERNOVA(超新星)日本デビュー13周年イベントでファンと3年ぶりに再会「これからもMilkyにガンガン幸せを届けます!」

9月26日(月)東京・豊洲PITにて、SUPERNOVA(超新星)の13周年記念イベント「SUPERNOVA(超新星)☆博13」が開催された。
超新星として2009年に日本デビューしてから、今年の9月9日で13周年を迎えたSUPERNOVA。「☆博」は超新星時代の2010年から毎年開催されてきたデビュー周年イベントだが、「☆博11」「☆博12」はコロナ禍のためオンラインで実施、今回の「☆博13」が久々の対面イベントとなった。
SUPERNOVAのメンバーが揃っての対面イベントは約3年ぶりともあり、会場エントランスには13周年を祝うバルーンやスタンドフラワーが盛大に飾られ、お祝いモード全開。
Milky(ファンの呼称)の期待感で満ち溢れる中、会場が暗転しオープニング映像が流れはじめると、ステージを覆う紗幕にメンバーの影が浮かび上がった。そして、“超新星ポーズ”のハンドサインでMilkyへの愛を表現すると、紗幕が下りてメンバーの姿が現れた。1曲目は「Amanogawa」を披露。SUPERNOVAからMilkyへの長年の想いと感謝の気持ちを熱のこもった歌声で届けた。続けて、エモーショナルでリズミカルなメロディの「Evidence of Luv」を歌うとメンバーの手に合わせて客席を照らすペンライトも左右に揺れる。アコースティックギターのメロウなサウンドが魅力の「Girl Friend」では、クール&セクシーな歌声と唇に指を当ててキスをするような振付でファンの心を惹きつけた。



SUPERNOVAの愛が詰った歌に、大きな拍手が沸き起こると、まずはソンジェの掛け声から始まる「君たちは!(Milky)僕たちは超新星です」と、お馴染みの挨拶。ユナクは「昼公演が終わって、もう夜公演で早いですね。この瞬間を大切にしたいと思います。今日は皆さんと最後まで楽しい時間を過ごしたいと思います」と伝えると、MilkyにはおなじみのYumiをMCに迎えてトークコーナーへ。

昼公演を終えてから夜公演までの間に何をしていたかを聞かれたソンジェは「メンバーと一緒に1部の公演がどうだったかを話しながら2部の準備をしていました」とコメント。この答えに「本当に?」と突っ込まれると「いいえ(笑)」と素直に白状。グァンスが「俺がいないところでみんなでやったのかなって思ったんです。反省会の“は”の字も聞こえなかったよ」とコメントし、会場を笑わせた。
ファンからの質問に答える「ランダム質問コーナー」では、CoCo壱番屋で注文したメニューについて聞かれたゴニル。「パリパリチキンの上にハンバーグ、ソーセージ、きのこ、ほうれん草、ヒレカツ、6辛、ご飯の量300グラム。コーラを2杯飲みました」とスラスラと回答。ストレス解消のために6辛にしたという話しから、CoCo壱番屋での辛さレベルの話へ。ソンジェは「もともと4辛でしたけど最近は2です。最近は辛い物を食べたらちょっと(お腹に)アブナイです」、グァンスは「もともと3辛だけどステイホーム中に毎日注文して辛さを順に上げていったら10辛食べられるようになりました。ソンジェ君は昔10辛まで食べたことがあったけど、今は10から2になっちゃって、僕は3から10になりました」、ユナクは「2辛」とシンプルに答え、意外と知ることのできないレアな情報を伝えた。プライベートな情報はさらにハードルが上がり、「勝負下着は?」という質問について悩むメンバーたち。

先陣を切ったユナクは「以前に重要なときに赤いパンツを穿いたほうが良いと言われたことあって、最近は契約を結ぶような重要なときに穿きます」とコメント。ソンジェは「きょうは本当に重要な日じゃないですか…それで…」と話してウエスト部分に手をかけ、ファンの視線が集中したところで「秘密です!」と手をストップし、ファンの興味をさらに煽る。天然のほんわかモード全開にしながらも、ファンの反応を楽しんでいる様子だった。
最後に「おばあちゃんファンにも優しくしてくれますか?」という質問では、ソンジェが「もちろんです!」と真剣な眼差し。「おじいちゃんおばあちゃんになっても『☆博』が長く続いたら良いですね」というMCの言葉に会場からは大きな拍手が起こり、ユナクは「デビューしたときは予想していない数字でしたが、みなさんと一緒にここまで来られたのは感無量です」と感慨深く伝えた。

(2ページに続く)

2022.09.28

blank