ナナ(AFTERSCHOOL)、本物だった“全身タトゥー”に言及…「キャラクターとは関係ない…私がやりたかった」=ドラマ「グリッチ」制作発表会にて


ナナ(AFTERSCHOOL)が話題の中心に立った“全身タトゥー”は個人的なことだと伝えた。

動画サービスNetflix(ネットフリックス)シリーズ「グリッチ -青い閃光の記憶-」の制作発表会が27日午前、ソウル・ヨンサン(龍山)区のCGVヨンサンアイパークモールで開かれ、ノ・ドク監督や女優チョン・ヨビン、ナナが出席した。

これに先立ちナナは、オフショルダータイプの超ミニワンピースを着て映画「自白」の製作報告会に出席したなか、全身がタトゥーで刻まれており関心が集まった。


一部では一時的に描いたのではないかとかステッカーではないかという推測が提起されたが、タトゥーイストがナナの施術写真を公開し、本物のタトゥーであることが明らかになった。

ナナは「グリッチ -青い閃光の記憶-」で扮したキャラクター“ボラ”を紹介しながら、「タトゥーを身体にたくさん刻んでいるが、タトゥー一つひとつに意味を付与してあげたかった。絵とか意味とか、フレーズとか一つひとつ悩みながら選んだ。『グリッチ -青い閃光の記憶-』でスラングを多く使う。スラングを入れてみるのもボラらしくないかと思った。ボラらしくハッとさせながらアプローチするのではないかと絵も入れてみて意見を出した」とほのめかした。

しかしこのキャラクターと今回のタトゥーを入れたことは別物だと線引きをした。

ナナは「ボラのためにタトゥーに関心を持ったのではない。私がやりたくてしたタトゥー」とし、「このタトゥーをなぜ入れたのかお話しできる日が来るか来ないかは分からないが、後に機会ができたらお話する。個人的に入れたタトゥーだ」と強調した。

「グリッチ -青い閃光の記憶-」は宇宙人が見えるジヒョと宇宙人を追跡してきたボラが、跡形もなく消えたジヒョのボーイフレンドの行方を追って未確認ミステリーの実態に近づくことになる4次元それ以上の追跡劇を描いた作品で、10月7日に公開される。

WOW!Korea提供

2022.09.27

blank