≪韓国ドラマNOW≫「グッジョブ」10話、ユリ(少女時代)が苦しむチョン・イルを温かく癒す=視聴率2.5%、あらすじ・ネタバレ


※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

ENAドラマ「グッジョブ」10話(視聴率2.5%)では、20年前の事件の真実を知って絶望するソヌ(チョン・イル)を見守るセラ(ユリ(少女時代))の様子が描かれた。

ソヌとセラはワンス(チョ・ヨンジン)が20年前にトダムに行った理由を知るため、ワンスが支援していた学生ナムギュの行方を追った。ワンスの支援で19歳の時に留学に行った後、全く記録のないナムギュ。明らかになった彼の正体はワンスの腹心キム室長(ホン・ウジン)だった。ソヌがナムギュを捜していることを知りながら、ワンスに「ナムギュはこの世にいない人だ」と言った理由はそこにあったのだ。

さらに衝撃的な事実は、キム室長がワンスの息子だという点だ。ワンスの息子で甘やかされて育ったテジュン(ユン・ソヌ)と違って認めてもらえない息子だったが、キム室長は父親だという理由一つでワンスに忠誠を尽くして生きてきた。ところがキム室長は自分を必要とする時に息子だと思っているふりをして、必要ないと思ったら捨てようと考えているワンスを見ながら新たな計画を考えていた。

(2ぺージに続く)

2022.09.26

blank