<W解説>釜山万博誘致を願う「BTS」のコンサート、なぜか開催費用は所属事務所が負担

韓国の人気グループ「BTS(防弾少年団)」が来月15日、南部のプサン(釜山)で開くコンサートの費用負担をめぐって議論が起きている。

コンサートは2030年万博の釜山誘致を願い、内外にPRする招致活動の一環として開かれる。今回のコンサートには総額70億ウォン(約7億円)以上の費用がかかるとみられているが、無料での開催のため、「BTS」側が多額の損失を被ることになり、波紋が広がっている。

釜山市は昨年6月、2030年の万博誘致に正式に立候補を表明し、万博の誘致申請書を博覧会国際事務局(BIE)に提出した。テーマは「世界の大転換、より良い未来に向かう航海」。「持続可能な地球」、「人類のための技術」、「共有と思いやりの場」という3つのサブテーマを掲げ、未来のパラダイムシフトに向けたグローバルなビジョンを提示するとしている。

ユン・ソギョル(尹錫悦)大統領は、釜山万博開催を主要国政課題の一つに掲げ、誘致活動を政府主導で進めていく方針を表明。政府は企業や公共機関、自治体と協力し、BIE加盟170か国を対象とした誘致活動を強化している。韓国のLGやサムスン、SK、現代自動車など国内の代表企業はタスクフォース(TF)を発足。釜山誘致に向けた誘致活動を活発化させている。

万博は会場の規模やテーマなどから、主に登録博覧会(登録博)と認定博覧会(認定博)の2つに大別される。最大規模の万博である登録博は、1995年以降は5年ごとに開催される。一方、認定博は5年ごとに開催される登録博の間に開かれる、比較的小規模な博覧会。開催期間は登録博が6週間以上6か月以内、認定博は3週間以上3か月以内と定められている。

韓国は1993年にテジョン(大田)国際博覧会(特別博)、2012年にヨス(麗水)国際博覧会(認定博)を開いているが、登録博の開催はこれまで一度もなく、それだけに釜山万博の開催実現は悲願でもある。

誘致に向け、広報活動をさらに強化しようと、誘致委員会は「BTS」を釜山万博広報大使に委嘱。その活動の一環として10月に釜山でコンサート「BTS Yet to Come in BUSAN」を開くことになった。

(2ページに続く)

2022.09.26

blank