≪中華ドラマNOW≫「キミだけのヒーローになりたい」3話、山道で怪我をしてしまい動けなくなったミーカーをコーレイが助ける=あらすじ・ネタバレ


※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

中華ドラマ「キミだけのヒーローになりたい」3話では、訓練を追い出されてから復帰するまでのミーカーの様子やウェンボーとチンシアの関係の変化が描かれた。

規則を破ったミーカーはコーレイによって訓練から外されてしまい、これからただ訓練基地で残りの訓練期間を過ごさなければならなかった。そんな時、たまたま猛虎突撃隊に助けられたという老人がお礼をしに基地までやって来た。ミーカーはその老人を見るなり足が不自由な事を察し、老人を家まで送ってあげることにした。

老人を無事家まで送りとどけるとあたりはすっかり暗くなっていた。さらに雨が激しく降ってきてミーカーは山道で迷ってしまった。助けを求めてさまよっていると山の斜面に足を滑らせ足を怪我してしまい動けなくなってしまった。

コーレイはミーカーが帰ってこないことを知り、急いで探しに行くと山の斜面で座り込んでいるミーカーを発見した。コーレイはミーカーを背負って訓練基地まで帰ったのだった。

ミーカーはまたしても黙って訓練基地から出てしまったため、今回ばかりはタダではすまないと思っていたが、コーレイはミーカーが訓練に参加することを許可したのだった。ミーカーがコーレイに理由を尋ねると、コーレイはミーカーが親友を救うために病院に行き、ユーハンにあっていた事を話した。コーレイはそんなミーカーの友達思いな態度に感心し、ミーカーが訓練基地を抜け出した事を許したのだった。

ウェンボーはミーカーが訓練に残れることになった理由がミーカーの友達であるルワン・チンシア(ジアン・ペイヤオ)がミーカーを助けたからに違いないとチンシアを疑う様になる。そんなウェンボーの態度が気にくわないチンシアはウェンボーに対して怒りを感じる様になる。

その後、ミーカーが訓練に残る事とチンシアは全く関係なく、自分が勝手にチンシアを疑ってしまっていたことに気がついた。ウェンボーが謝るもチンシアは撮影が忙しいと相手にしなかった。訓練の撮影をする際もウェンボーに何度もやり直しを命じたが、ウェンボーは嫌な顔をせずにチンシアの要求に応じた。

ようやくOKテイクが取れた時、チンシアはウェンボーが肩をさすっているのを目にした。隊員の1人がウェンボーはかつて肩を痛めたことがあるとチンシアに告げたのだった。チンシアは自分のせいでウェンボーに怪我をさせてしまった事を申し訳なく思うのだった。

WOW!Korea提供

2022.09.25

blank