V(BTS)&JENNIE(BLACKPINK)の写真流出事件、専門家が分析「ビデオ通話しているところを録画した可能性もある」

韓国ボーイズグループ「BTS(防弾少年団)」メンバーのVとガールズグループ「BLACKPINK」メンバーのJENNIEが、相次いでプライベート写真を流出されている。

挙句の果てに自分が写真を流出したと主張して身元の確認できないネットユーザーが、メッセージアプリ「テレグラム」のチャットルームを開設して公然と「VとJENNIE、両方に接触を試みている」と述べたのだ。

VとJENNIEが控室で撮った写真を始め、先月から何度かに分けてプライベート写真が拡散された。問題の写真を流出したというネットユーザーは、Twitterを開設してアカウントが停止されると、海外にサーバーを置いて追跡が困難なテレグラムのチャットルームを開設して積極的に人を集めた。

そこで写真流出を主張するネットユーザーは「写真はこれ以上、公開しない」と言ったにもかかわらず、数日後にはおでこにキスをしている写真やビデオ通話のキャプチャー写真などを公開した。

一部では合成写真の可能性もささやかれたが、両者の所属事務所から「合成写真説」に対する立場を明らかにしておらず、可能性が低いとみられている。過去に多くのハッキング被害に接した専門家のA氏は「携帯電話もしくはアカウントのハッキング犯罪である可能性が一番高いとみられる」と推測した。

IT技術や知識を正義のために利用するホワイトハッカーのA氏は、SBS芸能ニュースの取材陣との電話で「写真の敏感度や希少性を判断すると、Twitterやテレグラムを開設した人がハッキング被害者のうちの1人の携帯電話やアカウントをハッキングした可能性が一番高いとみられる。若干の可能性として、自らハッキングしたのではなく、ハッカーを雇ったということも考えられる。ハッカーの場合、自分でハッキングしたことをアピールしようとする傾向があるが、今回の事件で写真流出を主張するネットユーザーは『自分はハッカーではない』と主張していることから、ハッカーレンタルサービスを利用した可能性もある」と慎重に語った。

(2ページに続く)

2022.09.07

blank