ソ・イングク、“全身にタトゥー、我知らず肩を張って歩いていた”「オオカミ狩り」

俳優ソ・イングクが悪役で戻ってきた感想を伝えた。
29日、ソウル市龍山(ヨンサン)区のCGV龍山アイパークモールで映画「オオカミ狩り」の制作報告会が開かれた。イベントにはソ・イングク、チャン・ドンユン、チョン・ソミン、コ・チャンソク、チャン・ヨンナム、キム・ホンソン監督が出席した。


「メタモルフォーゼ/変身」(2019)、「技術者たち」(2014)、「共謀者」(2012)のキム監督の演出した「オオカミ狩り」は、極悪無道な犯罪者を太平洋から韓国まで移送しながらこれまで見られなかった極限状況に直面するというハードボイルドサバイバルアクション映画だ。トロント国際映画祭、フランスのエトランジェ国際映画祭、アメリカのファンタスティックフェストに相次いで招待され、国内外の映画界の関心を一身に受けている。

(2ページに続く)

関連記事

2022.08.29

blank