「オオカミ狩り」キム・ホンソン監督、ソ・イングク、チャン・ドンユン、チョン・ソミン、「トロント映画祭」ワールドプレミアに出席決定


映画「オオカミ狩り」が「第47回トロント国際映画祭」ミッドナイトマッドネス部門に公式招請され熱い話題を集めた中で、キム・ホンソン監督、ソ・イングク、チャン・ドンユン、チョン・ソミンまで映画の主役たちがワールドプレミア参加を確定した。

「オオカミ狩り」は極悪非道な犯罪者たちを太平洋から韓国まで移送しなければならない状況の中で、今まで見たことのない極限状況に対処するハードボイルドサバイバルアクションだ。

世界4大映画祭の一つであるトロント国際映画祭に公式招請され、作品性、興行性、話題性を立証した映画「オオカミ狩り」がワールドプレミアを控えて参加者を確定した。 キム・ホンソン監督と共にソ・イングク、チャン・ドンユン、チョン・ソミンはワールドプレミアに参加し、世界中の映画関係者たちと会う予定だ。 映画「オオカミ狩り」の主役らはチュソク(秋夕/旧盆)連休以後の日程に合わせて順次出国し、9月15日から公式日程を消化、9月16日夜24時に行われるワールドプレミア上映に参加して席を輝かせる予定だ。

映画「オオカミ狩り」が公式招請された部門であるトロント国際映画祭ミッドナイトマッドネス部門はカンヌ映画祭のミッドナイトスクリーニングと類似した部門で2006年ポン・ジュノ監督の映画「怪物」が公式招請された経緯がある。 また、新鮮な刺激と刺激的な戦慄を伝えるジャンル映画が毎年5、6本程度少数で招待されてきた。 「オオカミ狩り」が公式招請され、今まで見たことのない最強のハードボイルドサバイバルアクションがスクリーンで繰り広げられることが予想できる。 また、トロント国際映画祭の公式トレーラーも爆発的な再生数を記録し、映画祭出品作の中で最も高い関心を集めている。 今回のトロント国際映画祭には映画「オオカミ狩り」の他にも封切り作「HUNT」「別れる決心」、そして封切り予定作「保護者」など多数の韓国映画が招請されトロント国際映画祭を豊かに満たすものと期待される。

一方、映画「オオカミ狩り」は強烈なビジュアルと極限のアクションを予告し、早くも未来の観客の耳目を集中させている。 「メタモルフォーゼ/変身」(2019)、「技術者たち」(2014)、「共謀者」(2012)を通じてジャンル映画のマスターとして定着したキム・ホンソン監督が演出を引き受け、最強のハードボイルドサバイバルアクションを期待させる。 また、トロント国際映画祭のほかにも、フランスのエトランジェ国際映画祭、ファンタスティック・フェストなど、海外有数の映画祭から熱い関心を集め、早くも韓国映画ファンの期待感を高めている。 映画「オオカミ狩り」は9月21日公開予定だ。

WOW!Korea提供

2022.08.26

blank