ロウン(SF9)、思わずうっとりする彫刻ビジュアル…“現状に甘んじてはいけないという思いがある”

SF9のロウンが彫刻のような美男ビジュアルを披露して話題だ。

26日に公開された「Noblesse」9-10月号の画報でロウンは、深みのある眼差しで多様な光のムードを盛り込んだ。 特にブラックスーツ、シルクシャツの衣装を着用し、ジュエリーが際立つポーズをプロフェッショナルに披露し、ファンの視線をとらえた。

画報の撮影と共に進行されたインタビューでロウンは演技について「以前は性格上、すべてのことを自分で決めようとしていた。台本を見ても、ここではどう歩こう、どんな風にするべきかと考えていたが、実際に進めていくと違うという時が多い。 そういう状況の変化が怖かったが、今はその状況の中で最適な答えを探しながら楽しんでいる。 瞬間の変化に最善を尽くして良い結果を出そうと思う」と話した。

続いて「現状に甘んじてはいけないという考えがある。大衆の認識においても自己啓発的な部分においても。 一人で生きていくことはできないから、周りの評判がそのまま私だと思う。客観的に自身をみつめることができない時、他人から見る自分(私の姿)が本当だということもあるから」と率直な内心を表わした。

2022.08.26

blank