“有罪男”カン・テオ、「ウ・ヨンウ」本日いよいよ最終回…「“ウ・ヨンウ”は俳優として新しい回転ドアを通過させてくれた」


俳優カン・テオが、ドラマ「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」(以下、ウ・ヨンウ)で、演技スペクトルを一段さらに拡げた。

カン・テオ18日、所属事務所マン・オブ・クリエーションを通じて、ENAチャンネルで放送中の「ウ・ヨンウ」最後の撮影現場でのキュートな証拠写真とともに、放送終了の感想を伝えた。

彼は、「『ウ・ヨンウ』は、撮影しながらも良い作品にしていきたいという考えしかなかった。だが作品としても、僕個人的にもこのように多くの愛を送ってくださって、本当に感謝しています」と感謝を伝えた。

続いて、「大変だった多くのスタッフの皆さんの努力を無駄にすることがないようにしてくれた、すべての視聴者の方々のおかげだ。この愛を、どうやってもっと良い演技で返していこうか思い悩んでいる。改めて、『ウ・ヨンウ』とイ・ジュノを愛してくださって、心よりありがとうございます」と気持ちを伝えた。

また、「劇中、ヨンウがジュノと一緒に歩調をあわせて回転ドアを通過したように、僕もこの作品を通じて俳優として、新しい回転ドアを通過したように思う。僕にとっても、視聴者の方々にとっても笑いがこぼれる、そしていつも僕らのそばにずっといる『ウ・ヨンウ』として記憶に残ったら嬉しい」と、作品とキャラクターに対する愛情があふれる放送終了の感想で締めくくった。

劇中、カン・テオはウ・ヨンウ(パク・ウンビン扮)と心を通わせて、自分でも知らなかった感情に陥るイ・ジュノに扮し熱演を繰り広げた。序盤イ・ジュノのソフトな魅力で、視聴者に徐々に浸透し始め、次第にヨンウに向けた真っ直ぐな魅力を見せ出してからは、視聴者のときめきと没入度を導いた。

特に、彼は初回放送から偏見なしにウ・ヨンウに対応し、目線を合わせて首を低くして話す“心優しい男性主人公”の姿をゆっくりと築き上げ、視聴者はイ・ジュノに徐々にハマっていった。また「寂しいな」、「僕がなってあげますよ。弁護士さん専用の抱っこ椅子」など、毎回名セリフを誕生させて、それまでの人生キャラクターを飛び越える熱演で賛辞を集めている。

これは、どんな作品でも特別なキャラクター消化力ですべてのキャラクターを自分のものにしてきた、カン・テオの個性ある魅力としっかりした演技力が後押しされたからこそ、可能だったという評価だ。

一方、ENAチャンネル「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」は本日(18日)夜9時、最終話が放送される。

WOW!Korea提供

関連記事

2022.08.18

blank