オク・チュヒョン(Fin.K.L.)、「マタハリ」千秋楽を終え波紋の「エリザベート」に出演へ…パワハラなどの懸念を乗り越えられるか


グループ「Fin.K.L.」のオク・チュヒョンが「マタハリ」の公演を終え、波紋となった「エリザベート」で舞台に戻ってくる。

懸念を演技力で乗り越えることができるだろうか。

16日、オク・チュヒョンは自身のインスタグラムのストーリーズを通じて、ミュージカル「マタハリ」の最終公演後、知人たちや親しい俳優たちと一緒に撮った写真を公開した。

ミュージカル女優チャン・ウナは「泣いて両目が。オンニ(年上女性を指す言葉)、千秋楽おめでとう。本当に感動しました。お疲れさまでした」と、オク・チュヒョンとの自撮りを掲載した。これにオク・チュヒョンは自身のSNSで文を引用した後、「私、お疲れさま、ウナ。ステキなチャン・ウナがそばで力をくれたおかげで、こうして無事に締めくくりまで来た。ありがとう」と愛情を示した。

(2ページに続く)

2022.08.17

blank