BTS属するHYBE傘下レーベル所属、ENHYPEN新譜がビルボード24位 TXTも13週連続ランクイン!SEVENTEEN、ガールズグループLE SSERAFIM、NewJeansも善戦

人気グループのBTS(防弾少年団)を属するHYBE傘下のレーベルの所属アーティストが、米ビルボードチャートで善戦している。16日(以下、現地時間)にビルボードが公開した最新チャートによると、グループ、ENHYPEN(エンハイプン)の3枚目ミニアルバム「MANIFESTO:DAY1」がメインアルバムチャート「ビルボード200」の24位にランクインした。

このアルバムは前週に同チャートで6位となり、「ビルボード200」での自己最高位を記録した。

グループ、TOMORROW X TOGETHER(TXT、トゥモロー・バイ・トゥギャザー)の4枚目ミニアルバム「minisode2:Thursday’’s Child」は同チャートで177位に入り、13週連続でランクインした。

このアルバムは「ワールドアルバム」で6位、「トップカレントアルバムセールス」で7位、「トップアルバムセールス」で8位を記録。TXTは「アーティスト100」で65位に入った。

グループ、SEVENTEEN(セブンティーン)の4枚目フルアルバムのリパッケージアルバム「SECTOR17」も「ビルボード200」で前週から89ランクダウンの150位となり、3週連続ランクインした。

新人ガールズグループのNewJeans(ニュージーンズ)も2週連続でビルボードチャートに登場した。

デビュー曲「Attention」は「ビルボード・グローバル・エクスクルーディングUS」で前週から123ランクアップの51位を記録。「Hype Boy」も64位に初登場した。

「グローバル200」では「Attention」が82位、「Hype Boy」が116位に入った。

デビューアルバム「New Jeans」は「ヒットシーカーズアルバム」で前週から10ランクアップの12位、「ワールドアルバム」では14位を記録した。

ガールズグループ、LE SSERAFIM(ル セラフィム)のデビュー曲「FEARLESS」は「ビルボード・グローバル・エクスクルーディングUS」で前週から9ランクダウンの153位で、15週連続ランクインを果たした。

2022.08.17

blank