新ドラマ「月水金火木土」側、パク・ミニョン、コ・ギョンピョ、キム・ジェヨン台本リーディング公開…「最高の相性」


TvN新ドラマ「月水金火木土」側がパク・ミニョン、コ・ギョンピョ、キム・ジェヨンの初めての出会いから「信じて見るケミストリー」を誇る台本リーディング現場を公開した。

9月に初放送されるtvN新ドラマ「月水金火木土」(演出ナム・ソンウ、脚本ハ・グダム)は、完璧な非婚のための契約結婚マスター、チェ・サンウンと月水金ミステリー長期顧客、火木土スーパースター新規顧客が繰り広げるラブコメディだ。 パク・ミニョン、コ・ギョンピョ、キム・ジェヨンをキャスティング完了しドラマ「九尾の狐とキケンな同居」「コンデインターン」「キル・イット~巡り会うふたり~」などを演出したナム・ソンウ監督がメガホンを握り、感覚的ながらも才気あふれる演出力を見せるものと期待を高める。

この中で「月水金火木土」側は12日、主要出演陣が一堂に会した台本リーディング現場写真とメイキング映像を公開した。 ナム・ソンウPDとハ・グダム作家をはじめ、パク・ミニョン(チェ・サンウン役)、コ・ギョンピョ(チョン・ジホ役)、キム・ジェヨン(カン・ヘジン役)とチンギョン(ユ・ミホ役)、カン・ヒョンソク(ウ・グァンナム役)、パク・チョルミン(首席部長役)、パク・ギョンヘ(キム・ユミ役)、オリュン(カン・ソンジン役)などが一堂に会し、初の台本リーディングからぴったり息が合った様子を見せた。

まず、明るい笑顔とともに現場に入ったパク・ミニョンは、エネルギーあふれる姿で雰囲気をリードした。 本格的に台本リーディングに入ると、パク・ミニョンは完璧な容貌、能力、魅力を搭載した契約結婚マスターのチェ・サンウン役に完璧に同化された姿で視線をとらえた。 特に契約結婚顧客によってがらりと変わる雰囲気が感嘆を誘った。 知的なガールクラッシュから愛らしさ、反転の天然さまで変化に富んだ「ロコ女神」の真髄を披露したのだ。 これまで見たことのないパク・ミニョンのもう一つの魅力が、発揮されることが予告され、期待感を高めた。

そうかと思えば、コ・ギョンピョは格別なフィジカルとミステリーな魅力で2022年今秋、女心に疑問符を残す致命的な変身の始まりを知らせた。 チェ・サンウンの月水金長期顧客チョン・ジホ役のコ・ギョンピョは、重低音の声と落ち着いた雰囲気でベールに包まれたチョン・ジホのキャラクターを表現し、密かな緊張感を誘発しながらも予想できなかった反転魅力で現場スタッフの心臓までアタックした。

反面、キム・ジェヨンは優越な背丈とずうずうしい演技で「ロコ原石」の存在感を表わした。 キム・ジェヨンはスーパースター火木土新規顧客のカン・ヘジン役を引き受け、トップスターの格別なフォースの後に隠された突拍子もないいたずらな魅力を発散し、見る人たちの口元に笑みを浮かべさせた。 特に、パク・ミニョンだけに限定で作動するかわいいおせっかいと大型犬のような美しさでリーディングから新しい“国民年下男性”の誕生を予告した。

何よりもパク・ミニョンはコ・ギョンピョ、キム・ジェヨンとそれぞれの相性を爆発させ、相反するときめきを刺激した。 コ・ギョンピョとは礼儀正しい節制されたロコケミストリーで見る人たちの心拍数を高める反面、キム・ジェヨンとは互いにどこに飛ぶか分からないギクシャクするケミストリーで小さな笑いを爆発させた。 ここにパク・ミニョン、コ・ギョンピョ、キム・ジェヨンの間に三角ロマンスまで加わり、現場を騒がせたという。

それだけでなく、チンギョンは格別なカリスマでドラマに重みを加えた。 また、カン・ヒョンソクはパク・ミニョンとの恋愛感情がゼロの親友で、共感100倍のケミストリーを爆発させ、パク・チョルミンは特有のアドリブと個性の強い演技で笑いを倍増させた。 このように出演陣は初の台本リーディングから幻想的な相性を見せ、暴風のような活躍を予告した。

これに対し「月水金火木土」制作陣は「時間がどのように流れたのか分からないほど没入度の高い台本リーディングだった」として、「俳優たち皆繊細なキャラクター分析でオーダーメード服のような熱演を繰り広げ、何よりもパク・ミニョン、コ・ギョンピョ、キム・ジェヨンがビジュアル、演技、ケミストリーまで全ての相性が完璧でリーディング中ずっと楽しかった。 愛らしいロコでお伺いするので、『月水金火木土』に多くの期待と関心をお願いする」と伝えた。

TvN新ドラマ「月水金火木土」は9月に初放送される予定だ。

2022.08.12

blank