「イベントレポ」SEVENTEEN、バンクーバーで北米ツアースタート!…“2年間待っていてくれたCARATありがとう”

グループSEVENTEENが華麗に北米ツアーの幕を上げた。

SEVENTEENは10日(以下、現地時間)、カナダ・バンクーバーのロジャーズ・アリーナでワールドツアー「SEVENTEEN WORLD TOUR [BE THE SUN]」を開催し、現地のファンと意義深い時間を過ごした。

今回の「BE THE SUN」北米ツアーは2020年1月、米8都市で開催されたワールドツアー「ODE TO YOU」 以後約2年半ぶりに開かれるもので、SEVENTEENは米国とカナダの12都市でファンに直接会う。

 

この日のバンクーバー公演でSEVENTEENは巨大な太陽に向き合うような演出が加わった「HOT」で始まり「March」、「HIT」につながる舞台で始まりから爆発的なエネルギーを与えた。 彼らは続けて「Rock with you」とジョシュア、バーノンのデュエット曲「2MINUS1」の舞台を繰り広げ、各ユニットの特色を生かしたパフォーマンスチームの「MOON WALKER」、「Wave」、ボーカルチームの「Come to me」、「Imperfect love」、ヒップホップチームの「GAM3 BO1」、「Back it up」の舞台で強烈な魅力を存分に誇った。

SEVENTEENは続いて「MANSAE」、「Left&Right」、「VERYNICE」、「Shadow」、「Crush」など多様なジャンルを行き来する舞台を作った。 公演会場を埋め尽くした観客たちは、熱い拍手と歓声、合唱で応えた。

SEVENTEENは「2年半の間、ワールドツアーができなくてつらかった。 特に、バンクーバー公演は初めてなので、長い間待ってくださったCarat(ファンの愛称)の方々に感謝する。あたたかい思い出を作ることができて幸せだ」と胸いっぱいの感想を述べた。 特にファンと目を合わせながら挨拶を交わしたり、グローバルファンのために英語で感想を伝えるなど、格別なファンへの愛情を示した。

 

SEVENTEENは最後に北米ツアーでセットリストに追加された新曲「_WORLD」と「Darl+ing」の舞台を披露し、「Our Dawn Is Hotter Than Day」、「Snap Shoot」、「VERYNICE」など彼らの専売特許である“終わるまで終わったわけではない”アンコールステージで特別な思い出をプレゼントした。

一方、SEVENTEENは12日シアトル、14日オークランド、17日ロサンゼルス、20日ヒューストン、23日フォートワース、25日シカゴ、28日ワシントンD.C.、30日アトランタ、9月1日ベルモントパーク、3日トロント、6日ニューアークで北米ツアーを行い、年末までアジアアリーナツアー、日本ドームツアーを続ける。

2022.08.12

blank