パク・ソジュンのファンクラブ、デビュー11周年を記念して子供たちに寄付

俳優パク・ソジュンのファンがあたたかい分かち合いを実践した。
緑の傘子ども財団は12日、「パク・ソジュンの公式ファンカフェ『PARK’s office』が子供たちが健康に成長するために2,281,200ウォン(約23万円)の支援金を寄付した」と明らかにした。


「PARK’s office」は、パク・ソジュンの特別な記念日のたびに持続的に支援金を寄付している。今回はパク・ソジュンのデビュー11周年を記念して善行を繰り広げた。
ファンカフェの関係者は「意味深いプレゼントは何かと悩んでファンが一緒に思いを合わせて困難な環境にいる子供たちのために寄付をすることになった」と発表した。


ファンが伝えた支援金は、児童の成長期間中にきめ細かい経済的支援を提供する「児童基本生活保障」事業に使用される予定だ。
緑の傘子ども財団の関係者は「子供が選択できない自身の環境のせいで、基本的な権利を奪われることがないように助ける」と説明した。
ファン・ヨンギ会長も「ファンカフェで伝えた大切な支援金で、子どもたちの基本的な権利をしっかりと保障するために最善を尽くす」と約束した。
一方、「PARK’s office」は分かち合い文化の拡大に先駆けている。昨年もパク・ソジュンのデビュー10周年を記念して、緑の傘子ども財団に支援金を伝達した。

2022.08.12

blank