HYBEレーベルズ、BTSとSEVENTEENを筆頭に上半期アルバム1000万枚販売

HYBEレーベルズのアーティストが今年上半期に1000万枚を超えるレコード販売量を記録して、K-POPのアルバム市場を圧倒した。
CIRCLEチャート(旧GAONチャート)が8日に公開した最新の2022年上半期アルバムチャートによると、1位にランクしたBTSをはじめ、SEVENTEEN、fromis_9、TOMORROW X TOGETHER、ENHYPEN、LE SSERAFIMらHYBEレーベルズのアーティストの27枚のアルバムがランクインし、総販売量は1,060万4,142枚に達した。このチャートを基準に今年上半期のアルバム市場内のHYBEレーベルズのシェアは3分の1を超える。今年発売された8枚のアルバムの販売量だけでも855万3,158枚に達する。


BTSの場合、12枚のアルバムが426万7,736枚販売され、「21世紀のポップアイコン」の底力を証明した。BTSの最新アルバム「Proof」が295万7,410枚の販売量でチャートのトップを獲得した。「Proof」以外に11枚のアルバムがチャートにランクし、BTSはニューアルバムだけでなく以前のアルバムでも着実な人気を集めていることを確認させた。

SEVENTEENがその後に続いた。SEVENTEENの4thフルアルバム「Face the Sun」が237万3,052枚(Weverse盤を除く一般盤のみ)販売されて2位にランクした。2019年に発売されたSEVENTEENの3rdフルアルバム「An Ode」も92,882枚の販売量でチャートインした。

TOMORROW X TOGETHERは、165万263枚販売された4thミニアルバム「minisode 2: Thursday's Child」でチャートの5位を獲得した。TOMORROW X TOGETHERは今回のCIRCLEチャートの「2022上半期アルバムチャート」のトップ5に名を連ねたアーティストのうち最も若く、「4世代のリーダー」としての威厳を証明した。彼らは今年上半期に「minisode 2: Thursday's Child」を含む4枚のアルバムで197万8,334枚の販売量を記録した。

(2ページに続く)

関連記事

2022.07.10

blank