「T1419」、本日(3日)カムバック…K-POP初のオリジナルスペイン語曲


韓国の9人組男性アイドルグループ「T1419」が、スペイン語の新曲でカムバックする

3日午後6時、「T1419」は4枚目のデジタルシングルアルバム「When the sun goes down」を公開する。

新曲「When the sun goes down」は夏にぴったりのトロピカル・ハウスベースのダンス曲だ。日没を見ながら現実をしばらく忘れ、内面の感覚を起こし自分の夢を追う彼らの姿を歌詞に収めた曲だ。

既存に発売された韓国語ヴァージョンの曲をスペイン語ヴァージョンに再解釈したわけではなく、始めから南米市場を狙ったスペイン語だけで発売するアルバムだ。これはK-POPグループ中でも初めてのことである。

「T1419」は、Daddy Yankee、Maluma、Natti Natasha等の南米トップアーティストらと音楽的な交流をしたことで南米のファンらへ高い認知度を集めた。その結果、南米の代表音楽授賞式「Monitor Music Awards」に韓国初のパフォーマーとして公式招待を受ける等、南米内での人気が垂直上昇した。

特に5月に「T1419」が公開したDaddy Yankeeの「CAMPEON」カバーは、K-POPグループ初のスペイン語の歌とラップをカバーした事例として米国マスコミに大々的に特集され大きな話題を集めもした。

「T1419」は新曲「When the sun goes down」を発表し本格的に南米進出へと出る予定だ。

WOW!Korea提供

2022.07.03

blank