「TOMORROW X TOGETHER」、ビルボードチャートで善戦、フェスティバルにもデビュー、北米で大活躍


グループ「TOMORROW X TOGETHER(TXT)」 (トゥモロー・バイ・トゥゲザー)が、北米で大活躍している。

 14日(以下、現地時間)、アメリカの音楽メディア、ビルボードが発表した最新チャート(6月18日付)によると「TOMORROW X TOGETHER」が先月9日に発売した4thミニアルバム「minisode 2: Thursday’s Child」が、メインアルバムチャート「ビルボード200」で59位にチャートインした。

 去る5月28日付の「ビルボード200」チャートに自身最高の成績となる4位でチャートインした「minisode 2: Thursday’s Child」は、去る4日付のチャートで9位、11日付のチャートで26位にチャートインしてから、4週連続で上位圏をキープした。同アルバムはこれ以外にも「ワールドアルバム」チャート2位、「トップカレントアルバムセールス」チャート5位、「トップアルバムセールス」チャート6位など、多数のチャートで強い勢いを見せた。

 「TOMORROW X TOGETHER」はまた、アメリカの有名テレビショーに続けて出演、北米市場でその地位を固めている。5人のメンバーは先月31日にアメリカMBCに人気トークショー「ケリー・クラークソンショー(The Kelly Clarkson Show)」で「minisode 2: Thursday’s Child」のタイトル曲「Good Boy Gone Bad」のパフォーマンスを披露し、去る10日にはアメリカMTVの音楽番組「MTV Fresh Out Live」に出演し、同アルバムの収録曲「Trust Fund Baby」のステージを繰り広げた。

 一方で「TOMORROW X TOGETHER」は、来たる7月7日シカゴを皮切りに、9日ニューヨーク、12日アトランタ、14日ダラス、17日ヒューストン、21日サンフランシスコ、23日、24日ロサンゼルスなど、アメリカ7都市でデビュー後初のワールドツア「TOMORROW X TOGETHER WORLD TOUR IN U.S.」を開催。また7月30日にはアメリカの大型音楽フェスティバル「LOLLAPALOOZA」のステージに立ち、北米で旋風を引き続き巻き起こす予定だ。

WOW!Korea提供

2022.06.15

blank