「LE SSERAFIM」サクラ(宮脇咲良)、「1歳の時に両親が離婚、お父さんの顔も知らない」と告白


「知ってるお兄さん」で、「LE SSERAFIM」のサクラ(宮脇咲良)が家族の事情を告白した。

14日に放送された総合編成チャンネルJTBC「知ってるお兄さん」ではキム・シニョン、「Billlie」のスア、ツキ、「LE SSERAFIM」のキム・チェウォンとサクラが学校を訪れた。

ソ・ジャンフンはサクラが「1歳の時に両親が離婚した」と遠慮がちに打ち明けると、緊張した面持ちで「大丈夫。自信を持って話して」と励ました。

続けてサクラは「お父さんに会ったことがない。写真も見たことがない。顔も知らない」とし、「日本で初めて握手会を開いた。ある男性が来て“応援している”と話した。握手した瞬間、お父さんだった」と振り返った。写真すら見たことがなかったが、会った瞬間、父親であることを直感したという。

また、サクラは「次の人がおばあちゃんだった。“あなた、覚えていない?”と話した。本当にお父さんだったんだと感じた。記憶に残っている」とも伝えた。握手会以降、父親と再開したことはあるかと聞かれると、「ない」と答えた。

WOW!Korea提供

2022.05.15

blank