イム・シワン(ZE:A)主演ドラマ「トレーサー」、昨日(12/14)放送第3話の視聴率が毎分最高11.4%で金土ドラマ1位


MBC金土ドラマ「トレーサー」がサイダーのようなスッキリした勧善懲悪な展開と感動のエンディングの名場面を前面に押し出し、金土ドラマの視聴率1位となった。

視聴率調査機関ニールセンコリアによると、前日(12/14)に韓国で放送された「トレーサー」の3話は、毎分最高視聴率11.4%まで跳ね上がる中、首都圏世帯視聴率は自己最高となる9.0%を記録し、金土ドラマの1位に上った。また全国視聴率は8.6%を記録し、こちらも金土ドラマの1位となり、広告界の主要指標である20歳から49歳までの視聴率は2.8%を記録した。

14日に放送されたMBC金土ドラマ「トレーサー」(脚本:キム・ヒョンジョン/演出:イ・スンヨン/制作:ウエストワールドストーリー)では、脱税汚職の証拠を探すため死力を尽くすファン・ドンジュ(「SE:A」のイム・シワン)とソ・ヘヨン(コ・アソン)、そしてオ・ヨン(パク・ヨンウ)の孤軍奮闘が繰り広げられた。

放送直後に視聴者たちは「最後のセリフに涙が…」、「これが真のMBC名作ドラマ」、「痛快、爽快さ、スピード感のある展開に退屈する暇がない。感動まで」、「俳優たちの演技も最高です」など熱いリアクションを見せた。

国税庁の専門家たちによる“悪いカネ”の追跡記で本格的に上昇傾向を始めたMBC金土ドラマ「トレーサー」は15日(本日)夜9時50分から4話を放送し、1時間前の夜8時50分からは3話を再放送する。

WOW!Korea提供

2022.01.15

blank