女優ペ・ドゥナ、食生活について語る…「餓死直前まで食べないというのは誤解、よく食べる方だ」


女優ペ・ドゥナが食生活に関する誤解を正した。

ペ・ドゥナは先月29日、「Harper’s BAZAAR Korea」のYouTubeチャンネルを通して「食事管理」の質問を受け、「食べたいものを食べる」と答えた。

続いて彼女は「『お腹が空いて死んでしまいそうになるぐらいまでご飯を食べない。だから料理をしない』というコメントをしたことがある」とし、「餓死直前まで食べない程体型管理をしていると誤解されてしまった」と伝えた。

さらに「そうではない。お腹がすぐに空いてしまう方だ。お腹が空き始めると本当に死んでしまいそうになる。なので、1日に4、5食食べる。誤解しないでいただければと思う」とし、「食べ物が余るぐらいだ」と強調した。

WOW!Korea提供

2021.12.01

blank