≪韓国ドラマNOW≫「恋慕」12話、パク・ウンビンが廃位を命じられる=視聴率8.8%、あらすじ・ネタバレ


※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

16日に放送されたKBSドラマ「恋慕」12話(視聴率8.8%)は、王(イ・ピルモ)が世子フィ(パク・ウンビン)の廃位を命じる様子が描かれた。

フィは王と二人きりで面談し、政務を執る時に被る翼善冠を静かに置いて廃位するのかと聞いた。返ってきた答えは衝撃だった。ずいぶん前にフィが息子ではなく娘だということを知っていたというのだ。嬪宮が亡くなる直前、涙をこらえるフィに「忘れないで、かわいい私の娘」と言っているのを見たのだった。嬪宮に「どうかあの子を守ってほしい」と頼まれたことを気にしていた王は、「宮廷を離れて自分の人生を歩みなさい」と伝えた。さらに「一度も自分の人生を歩んだことはないが、これが父親の気持ちだというなら受け入れよう」とフィを見ながら胸を痛めた。

廃位の件を聞いて駆け付けたジウン(ロウン(SF9))は、フィと再会した。そしてジウンは「二度と一人にしない。私が守る」と言ってキスをした。ジウンは今のように花や星を見ながら暮らそうと提案。しかしフィはこれを受け入れることはできなかった。廃世子になった以上、秘密まで漏れたら命も危ないのだった。フィは「あなたに幸せになってもらいたい。そうしてほしい」と伝えて、ジウンの手を離した。

WOW!Korea提供

2021.11.17

blank