≪韓国ドラマNOW≫「恋慕」11話、ロウン(SF9)とペ・ユンギョンが会っていたのが目撃されて事件に=視聴率7.1%、あらすじ・ネタバレ


※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

15日に放送されたKBSドラマ「恋慕」11話(視聴率7.1%)は、フィ(パク・ウンビン)と別れたジウン(ロウン(SF9))が都を離れていく様子が描かれた。

船に乗ろうとするジウンを捕まえたのはソウン(ペ・ユンギョン)だった。涙を流しながら行くなと訴えるソウンに、ジウンは「すまない。良い縁だった」と声をかけてなだめた。

問題は、これをチャンウン君(キム・ソハ)が見ていたのだ。王(イ・ピルモ)と吏曹判書のヨンス(パク・ウォンサン)が手を組んだことを知り、すぐにギジェ(ユン・ジェムン)のところへ行ってこれを話した。自分の味方の兵曹判書のハクス(チョン・ジェソン)の娘ハギョン(チョン・チェヨン)を世子の妃に推しているチャンウン君にとって好材料だった。結局、世子の妃候補に挙がったソウンが他の男を、それもフィの師匠に思いを寄せているという事実が、大妃(イ・イルファ)の耳に入り、ヨンスは「出来の悪い父親の手落ちを叱ってほしい」と頼んだ。王は再び貴重な臣下を失った。

父親が信頼し、自分も尊敬していたヨンスの件を聞いたフィは、彼に会いに行く途中、チャンウン君といざこざを起こしているソウンを見かけた。ソウンが妹のように思っていた奴婢のジャニ(コン・ジンソ)をチャンウン君が害を加えようとしたからだ。「私の目の前で民に害を加えようとすることは許せない」とフィが間に入ったが、チャンウン君はやめなかった。結局、ジャニは遺体で見つかった。

WOW!Korea提供

2021.11.16

blank