俳優クァク・シヤン、KBS新ドラマ「美男堂」出演確定


韓国俳優クァク・シヤンがKBS新ドラマ「美男堂」への出演を確定した。

「美男堂」は元プロファイラーであり、現在はパクスムダン(男性の巫女)のドタバタエピソードを描くミステリーコミカル捜査物だ。カカオページの小説「美男堂-事件手帳」を原作にしている。

クァク・シヤンは「美男堂」で昼は美男堂のバリスタとして、夜は凶悪犯罪専門の刑事として生きていくコン・スチョル役を演じる。セクシーで野性的な外見と違う飾り気のない清涼な内面を持ったキャラクターだ。プロファイラー出身のパクスムダン(男性の巫女)のナム・ハンジュンに対する情が格別な人物でもある。

クァク・シヤンはこれまで映画「夜間飛行」を皮切りに、ドラマ「七転び八起き、ク・ヘラ」や「ああ、私の幽霊さま」「魔女宝鑑 ~ホジュン、若き日の恋~」「」「ホンチョンギ」などさまざまな作品に出演。現在、JTBC月火ドラマ「IDOL [アイドル:The Coup]」にスターピースエンターテインメントの代表チャ・ジェヒョク役で出演している。

なお、次回作の「美男堂」は2022年上半期中に初放送予定だ。

WOW!Korea提供

2021.11.17

blank