「学校2021」キム・ヨハン(WEi)からチョ・イヒョンまで、1次ティーザー公開…青春の香りいっぱい

「学校2021」が、青春の香りがいっぱいな学園ものを予告した。

11月17日初放送されるKBS2TVの新水木ドラマ「学校2021」側は、パステルトーンの映像の中のキム・ヨハン(コン・ギジュン役)、チョ・イヒョン(チン・ジウォン役)、チュ・ヨンウ(チョン・ヨンジュ役)、ファン・ボルムビョル(カン・ソヨン役)のさわやかなビジュアルが際立った1次ティーザー映像を公開した。

「学校2021」は、入試競争でなく違った道を選択した子供たち、曖昧な境界に置かれた18歳の青春の夢と友情、ときめきの成長記を描いた作品だ。

26日公開された1次ティーザー映像には、勉強でなく別の夢を探しに出るヌルチ科学技術高等学校の学生たちに扮した4人の主演の姿が写っている。 俳優の完ぺきなビジュアルはもちろん、パステルトーンの映像とハツラツなBGMが視線をひきつける。

手に持った教科書が消えた後、空中にあらわれた工具、そして工具を一つずつ握った後、多様な反応を見せる4人は“木工”に対してそれぞれ違った考えを持っているキャラクターの特性をよく表わす。

また「私たちが描く」、「私たちが作る」というナレーションに合わせても、体面を保って首を縦に振って、学校の模型を作る4人から自ら夢を設計していく活気に満ちて、しっかりしたティーンエージャーの姿を垣間見ることができて、彼らが広げていく「学校2021」の話に気がかりなことが高まる。

初々しさと愛らしさがいっぱいな1次ティーザー公開で初放送に対する期待感を高めている「学校2021」は、「ダリとカムジャタン」の後枠で、11月17日の午後9時30分に初放送される予定だ。

2021.10.26

blank