肺がん闘病中のお笑い芸人キム・チョルミン、近況を公開「死ぬほど痛い」


肺がん末期と診断され、病院で闘病中のお笑い芸人キム・チョルミン(54)が近況を伝えた。

キム・チョルミンは26日、自身のFacebookに「死ぬほど痛いですね」と短い文章をつづった。

最近、キム・チョルミンは肺がん治療のために韓国原子力病院に3か月以上入院している近況を知らせた。彼は去る13日に投稿した写真には、白髪でこれまでの苦労を代弁している。

キム・チョルミンは2019年8月、肺がんと診断された。彼は同年11月、治療目的で動物用の駆虫剤「フェンベンダゾール」を服用していたが、状態が悪化し、8か月で中断した。

WOW!Korea提供

2021.10.26

blank