ドラマ「人間失格」出演ソン・ナウン(Apink)、最終回放送後に想いを述べる


ソン・ナウン(Apink)が、韓国ドラマ「人間失格」最終回放送に際して想いを述べた。

24日に最終回が放送されたJTBCのドラマ「人間失格」でミンジョン役を演じたソン・ナウン。愉快な中にも危うさのただよう青春時代を魅力的に表現して人気を博した。

ソン・ナウンは大胆なセリフさばきと繊細な表情で役柄になりきり、高い評価を受けた。また、ドラマの後半でミンジョンの過去と内面の孤独が描かれる場面では、激しい感情の起伏を見事に表現し、ドラマの人気に貢献した。

ドラマ撮影を終えたソン・ナウンは「すばらしい監督、脚本家、スタッフの方々、俳優のみなさんと一緒にお仕事ができて光栄でした。ミンジョンという役で視聴者のみなさんにお会いすることができ、幸せな時間でした。終わってしまって残念な気持ちです」と想いを述べた。

また、ミンジョンという役については「非常に立体的で魅力的な役柄だったので、そういう部分をうまくやりたいと思っていました」とし、「(ミンジョンという人物は)時には突飛に見えるけど、軽くなりすぎないようにしようと思っていました。ミンジョンがどうしてそんな言動や行動を取るのかよく考えていました」と説明した。

「人間失格」で相性の良さを見せたミンジョン、カンジェ(リュ・ジュンヨル)、タギ(ユ・スビン)については、「現場でも雰囲気がとてもよかったんです。お二人がたくさん助けてくださり、リラックスして楽しく撮影できました。だから、より良い化学反応が現れたのではないかと思います」と述べた。

最後に彼女は「ドラマ関係者のみなさん、本当にお疲れさまでした。そして『人間失格』とミンジョンを応援してくれた視聴者のみなさん、本当にありがとうございました。これからもさらに成長した姿をお見せできるよう努力していきます」と誠実なあいさつで締めくくった。

WOW!Korea提供

2021.10.25

blank