【全文】「中絶強要俳優K疑惑」俳優キム・ソンホ、自ら謝罪「傷ついた全ての方に心よりお詫びしたい」


韓国俳優キム・ソンホ(35)が最近物議を醸している私生活の騒動に関して公式謝罪をした。

キム・ソンホは20日、所属事務所SALTエンターテインメントを通じて「立場発表が遅くなってしまい、心よりお詫びします。少し前に私の名前が挙げられた記事が出て、初めて経験する恐ろしさから、やっと文章を書くことになりました」と伝えた。

一方、17日午後、あるオンラインコミュニティには「人気俳優Kの二重的で厚かましい実体を告発します」というタイトルの書き込みが掲載された。自分をKの元交際相手だと紹介したネットユーザーのAさんは、昨年の2020年初めから交際していたとし、中絶を強要したが、中絶した後は態度が急変したなどと主張した。

その後、18日にはオンライン上で「俳優K」の正体について話題になり、芸能記者出身のユーチューバーがライブ放送で「俳優Kはキム・ソンホだ」などと明かしていた。

以下、SALTエンターテインメントの公式立場全文

おはようございます。SALTエンターテインメントです。
俳優キム・ソンホの個人のことによって多くの方にご迷惑をおかけし、申し訳ございません。
今回のことで失望と被害を与えてしまった多くの方にお詫び申し上げます。
このような不始末でご迷惑をおかけした点を改めてお詫びいたします。

(2ページに続く)

2021.10.20

blank