「ハピネス」、2次ティーザー公開…ハン・ヒョジュ-パク・ヒョンシク-チョ・ウジンの激しい死闘


ドラマ「ハピネス」のハン・ヒョジュ、パク・ヒョンシク、チョ・ウジンが、生存のための殺伐な共助を始める。

韓国で11月初放送されるTVINGオリジナル「ハピネス(Happiness)」側は15日、謎の感染病に対抗したユン・セボム(ハン・ヒョジュ)、チョン・イヒョン(パク・ヒョンシク)、ハン・テソク(チョ・ウジン)の死闘が収められた2次ティーザー映像を公開した。 平凡な日常の幸福を取り戻すための3人の共助が期待感をより一層高めさせる。

「ハピネス」は、近未来を背景に階層社会の縮小版であるアパートに孤立した人々の生存記を描いたニューノーマル都市スリラーだ。 多様な人間群像が集まって住む大都市のアパートが、新型感染病で封鎖されて広がる亀裂と恐怖、生存のための死闘と心理戦が緻密に描かれる。 日常が崩れて既存の価値が揺れる閉鎖空間で、お互いを疑って警戒しなければならない現実的恐怖がちょっと変わった面白さをプレゼントする。

また、ドラマ「青春の記録」、「ウォッチャー 不正捜査官たちの真実」、「アルハンブラ宮殿の思い出」、「秘密の森~深い森の向こうに~」など、ジャンルを問わず細かい演出力を見せたアン・ギルホ監督と、「ウォッチャー 不正捜査官たちの真実」、「グッドワイフ~彼女の決断~」を執筆したハン・サンウ脚本家が再びタッグを組んで完成度を保証する。 心理スリラージャンルを一次元引き上げた「ウォッチャー 不正捜査官たちの真実」に続きまた、どんなセンセーションを起こすのか期待を集める。

先立って公開された1次ティーザー映像は、昨日までとは違う世の中に向き合った人々の現実的な恐怖を表わして話題を集めた。 この日公開された2次ティーザー映像は、平凡な日常に食い込んだ正体不明の感染病が、ひとつずつベールを脱いで緊張感を高めさせる。 「症状はご存知でしょう?」と、幻覚と激しい渇きを説明するチョン・イヒョン。 続いた感染した人々の姿が危機感を加える。
ユン・セボムも今まで見たことない奇異な症状に、混乱しているのは同じこと。 ゆっくり走る心臓と苦痛に無感覚で傷も早く癒えることまで、とうてい人間だとは思えない感染者の姿に疑問を抱く。

事態を注意深く注視したハン・テソクとユン・セボム、チョン・イヒョンの出会いは、雰囲気を反転させる。 検査室でとらえられたユン・セボムの姿の後に「まだ感染症状がないのを見ると」と話すハン・テソク。 これに対し「私、ちょっと重要な人物のようだけど」と真っ向から対立するユン・セボムの声が意味深長だ。 神経戦を行ったチョン・イヒョンとハン・テソクの共助も興味深い。 いつまで隠れて事の処理することかというユン・セボムの言葉がトリガーになったように、彼らは避けるよりは正面勝負を誓う。

「一週間です。 ぴったり一週間だけこらえればいいんです」という言葉と、共に始まった生存のためのカウントダウン。 ここに「のどの渇きを感じる瞬間、全てのことが始まった!」というコピーが好奇心をより一層刺激する。 果たして3人の共助は、再びハピネスを取り戻せるのか気がかりにさせる。

「ハピネス」は、11月5日(金)夜10時40分TVINGとtvNで公開される。

2021.10.16

blank