「明日は国民歌手」、初回から大反響…視聴率&音源&再生回数が驚異の人気


「明日は国民歌手」が最高18.0%という驚異の初回放送視聴率に続き、爆発的な再生回数でオン・オフラインを熱くしている。

TV朝鮮のグローバルK-POPオーディション「明日は国民歌手」は年齢やジャンル、国籍、性別を問わず、歌を愛し、ステージに対する渇望がある人なら誰でも参加できる超大型“国民希望プロジェクト”。7日夜、オンエアされた同番組の初回放送は最高視聴率18.0%、全国視聴率16.1%(ニールセンコリア有料放送世帯基準)を記録し、初回放送から同時間帯の地上波・総合編成・ケーブルチャンネルで放送されたすべての番組の中で視聴率総合1位を獲得。“オーディション本家”の威厳を誇った。

さらに放送中、参加者の名前が各種コミュニティサイトの掲示板を占領したのはもちろん、各種ポータルサイトに掲載されたクリップ動画の再生回数やSNSの投稿、音源チャートで圧倒的な数値を記録するなど話題性を証明している。

参加者たちの予選曲が音源チャート上位にランクインし、K-POPの新しい風を予告。加えて、各種ポータルサイトやSNS再生回数も100万回をはるかに超えるなど、“国民歌手”の誕生を予感させている。

参加者の人気を証明するように、再放送も目を見張る視聴率を記録。9日に放送された再放送は全国4.6%、瞬間最高は5.8%を記録した。

そんな中、同番組は14日に放送される第2話を通じて、初回よりもはるかに激しい争いを予告し、緊張感を与えている。“本当のプロ”の集まりで、全出演者を脅かす「他オーディション部」が本格的に登場することを知らせ、本選進出者は誰になるのか、早くも視聴者の好奇心を刺激している。

制作陣は「初回放送後、予想よりも爆発的な反応が相次いで嬉しいし、感謝している」とし、「第2話ではさらに激しい争いが繰り広げられる予定だ。涙と感動のドラマを期待してほしい」と伝えた。

第2話は14日午後10時から放送される。

WOW!Korea提供

2021.10.10

blank