「黒い太陽」パク・ハソンとキム・ジウン、凍りつくようなクールな対立


※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

ナムグン・ミン主演ドラマ「黒い太陽」でパク・ハソンとキム・ジウンが深刻で微妙な対立をみせ、緊張感と期待感を増幅させた。

24日に放送されたMBC金土ドラマ「黒い太陽」が急速な視聴率上昇を続け、第3話では二桁の視聴率を記録し、最高を更新した。 特に、ハン・ジヒョク(ナムグン・ミン)と華陽(ファヤン)派間におけるホテルペントハウス格闘シーンは、視聴率が12%まで跳ね上がり、お茶の間に痛快さを伝えた。

きょう25日放送される第4話では、国情院犯罪情報統合センターの4チーム長であるソ・スヨン(パク・ハソン)が、ハン・ジヒョクのパートナーであると同時に現場の要員として第一歩を踏み出したキム・ジウン(ユ・ジェイ)と尋常ではない雰囲気の中で対面するシーンが描かれる。

これに先立って放送された第3話で、ソ・スヨンは情報分析室を訪れ、ユ・ジェイに「ハン・ジヒョクと親しくならないように」という意味深長な忠告を残した。 しかし、ユ・ジェイは脅迫なのか助言なのか分からないソ・スヨンの警告を受けても退かず、ハン・ジヒョクの記憶を失う前に最後に会ったイ・チュンギル(イ・ジェギュン)と関連した事件の手がかりを一緒に追跡し、本格的な協力捜査を行った。

(2ページに続く)

2021.09.25

blank