チャン・グンソク、「スイッチ」最終回を前にドラマチックな熱演が好評!

2018.05.17


※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

 

今月16日に放送されたSBS水木ドラマ「スイッチ-世界を変えろ」29話・30話では、チャン・グンソクが最後の"スイッチ"に命をかけたサ・ドチャンの姿が描き出され、視聴者たちの没入度をさらに深めた。

この日の放送でサ・ドチャン(チャン・グンソク)は、自分の代わりに死のうとしたペク・ジュンス(チャン・グンソク)を避難させた後、すべての事件の元凶であるクム・テウン(チョン・ウンイン)を捕まえるため勝負をかけた。クム・テウンがにぎっている2000億ウォンの略奪は勿論のこと、チョ・ソンドゥ(クォン・ファウン)とチェ・ジョンピル(イ・ジョンギル)を利用し、重要な情報を手に入れクム・テウンを徹底的に倒す作戦を立てた。

しかし、サ・ドチャンを挑発しようとオ・ハラ(ハン・イェリ)を利用し交通事故を偽装したクム・テウンの行動に、彼は怒りを我慢することができなかった。チャン・グンソクのクム・テウンに対する殺気を帯びた視線が、お茶の間に緊張感を与えた。

常に余裕たっぷりだったサ・ドチャンも、身近な人物に危害を与えることに対しては理性を抑えることができなかった。彼はクム・テウンによって父を失った心の傷がまだ癒されていないだけに、サ・ドチャンの怒りは十分な説得力を与え、見る人を切なくさせた。(2ページに続く)

 

俳優チャン・グンソク「スィッチ」、 最後まで本放送を視聴しなければならない理由!

・俳優チャン・グンソク主演ドラマ「スィッチ」、放送終了の名残惜しさをなぐさめるビハインドカット大放出

・チャン・グンソク、「スイッチ」撮影の合間を縫って江原道広報大使としても大活躍

・「スイッチ」チャン・グンソク、拘置所から脱出…危険な状況に