「個別インタビュー」KNK、待望の日本デビューで活動に意欲満々! 「アニメのサントラを歌いたいし、バラエティや音楽番組にも出演してみたいです」

2017.09.02

左からキム・ユジン、チョン・インソン、パク・スンジュン、キム・ジフン、オ・ヒジュン

いよいよ10月11日(水)に、1stシングル「U/BACK AGAIN」で、待望の日本デビューを果たすKNK(クナクン)。キム・ユジン (24歳)、パク・スンジュン (23歳)、チョン・インソン (23歳)、キム・ジフン (22歳)、オ・ヒジュン (21歳)の5人で構成され、メンバーの平均身長が185センチというスタイルとルックスの良さに加え、抜群の“歌唱力”と“パフォーマンス”、そしてモデル並みの“ビジュアル”という三拍子そろった大型男性アイドルとして、大きな注目を浴びている。

今夏は、韓国でリリースしたリパッケージ・アルバム「GRAVITY, Completed」の活動を並行しながら、日本でもデビューに向けての準備や、サマーライブを開催するなど、大忙しだった彼らが、2度目のインタビューに登場! デビュー前の心境や、日本デビュー曲にまつわるエピソード、日本活動への意気込みなどを語ってくれた。

 

-2度目のインタビューになりますが、改めてもう一度、自己紹介からお願いします。
チョン・インソン(以下、インソン):メインボーカルをしているインソンです。優しいカリスマがあります。
オ・ヒジュン(以下、ヒジュン):ギターを弾く末っ子ヒジュンです。魅力は感性的なボーカルと、靴をキレイに保ちながら履くことです。
キム・ユジン(以下、ユジン):KNKで長男とボーカルをしているユジンです。魅力は寡黙で静かなことです。
キム・ジフン(以下、ジフン):リーダーとダンスを担当しているキム・ジフンです。僕の魅力は、小さい目ということにします。メイクをしなかったら、小さいです(笑)。
パク・スンジュン(以下、スンジュン):お元気ですか? KNKで一番背が高いパク・スンジュンです。僕は可愛い人間。純粋です。
インソン:(首を横に振って)純粋じゃない。(スンジュンは)狼っぽいところがあります(笑)。

(2ページに続く)